メインビジュアル

サステナビリティハイライト

環境

NSKの事業活動によるCO2排出量の削減

NSKは2021年6⽉、社⻑直下にカーボンニュートラル推進部を設⽴しました。事業活動におけるCO2排出量削減については、A 技術革新、B 省エネ/燃料転換、C 再エネの3つのカテゴリーで取り組みを進めています。本部署は、全社的、および中⻑期的な視点で、関連部署と有機的に連携することで、取り組みをさらに加速させていきます。
また、これらの取り組みに加え、CO2排出削減の価値を可視化するために、インターナルカーボンプライシング※1運用の検討を進めています。

※1 インターナルカーボンプライシング:企業内で独⾃にCO2排出量に価格を付け、投資判断などに活用する仕組み

A 技術革新

世界初バイオマスプラスチック製耐熱樹脂保持器の開発

NSKは、2008年に⽣分解性プラスチック、2013年に⾷品由来グリースを開発するなど、⻑年にわたり環境にやさしい素材や製品の開発に取り組んできました。そして2021年、世界で初めて、主に植物由来のバイオマス資源のみを原料として作られたバイオマスプラスチックからなる転がり軸受用耐熱樹脂保持器を実現しました。引き続き、NSKが有する材料技術、解析技術、成形技術、評価技術などを駆使し、バイオマスプラスチックの実用化を⾒据えた研究開発を加速していきます。

特徴①
化石資源から作られる従来のポリアミド66(66ナイロン)製保持器と同等の強度、耐熱性を発揮します。

特徴②
バイオマス資源である植物は大気中のCO2を吸収して成⻑するため、バイオマスプラスチックを焼却しても大気中のCO2を増やすことにはなりません。その効果も含め、保持器のライフサイクル全体では、従来保持器からの切り替えによって91%※2のCO2排出量削減が⾒込めます。

※2 材料メーカーによる試算

B 省エネ/燃料転換

生産工場におけるCO2排出状況の可視化と改善

2020年度に、軸受の⽣産⼯程別のCO2排出状況と、⽣産ラインの稼働状況が⾒える仕組みをNSK埼玉⼯場に導⼊しました。この仕組みを使って、無駄なCO2排出を発⾒し、効率的な改善活動を進めています。現在は熱処理炉の効率改善と、⽣産設備の圧縮エア消費削減活動を⾏っています。埼玉⼯場での改善は今後も継続しながら、他の⼯場への活動の展開も進めていきます。

生産工程別のCO2排出可視化

軸受生産用研削盤のCO2排出量削減

NSKの⼯場では⽣産活動の中で多くの電⼒を設備動⼒として消費しており、CO2排出量削減に向け「⽣産性向上」と「設備消費電⼒削減」の2つのテーマに取り組んでいます。1つ目の「⽣産性向上」は加⼯能⼒と稼働率を上げることで製品1個を⽣産する時に必要なエネルギーをより小さくする取り組みです。2つ目の「設備消費電⼒削減」では動⼒制御の⼯夫や新技術を取り⼊れ、設備そのもので消費する電⼒を削減しています。⼀つの例として、軸受⽣産用の研削盤では砥石モーターの回転数を落とさずに電⼒を抑えるインバーター技術を導⼊しました。研削盤は「研削」と「ワーク(加⼯物)の⼊れ替え」を繰り返し⾏いますが、砥石モーター電⼒を瞬時に下げることで、この⼊れ替えのわずかな時間に潜む電⼒の無駄を削減しました。このような環境負荷を低減させる活動をNSKの持つ技術を集結し継続していきます。

C 再エネ

再生可能エネルギーの導入を加速

太陽光・風⼒発電設備の導⼊や、再エネに由来する電⼒への切り替えなどを積極的に進めています。2020年度は全電⼒使用量の9.6%を再エネ由来で賄いました。これは対前年の約3倍の増加に相当します。

● 事業所への太陽光・風⼒発電設備の導⼊
現在、世界23ヵ所の事業所に設置、合計発電量は年間約7,000MWh、CO2排出削減量は年間約3,900トンとなっています。2020年度は新たに、海外の3⼯場(メキシコ、中国、インドネシア)に設置しました。

● グリーン電⼒の利用拡大
これまでに、⽇本、ドイツ、ポーランド、中国の⼯場で切り替えを進め、現在、グリーン電⼒使用量は年間約120GWh、CO2排出削減量は年間約95,000トンとなっています。ドイツ、オランダではオフィスの電⼒を切り替えました。今後、欧州でさらなる切り替えを計画、実施していきます。

NSK蘇州社(中国)

NSK蘇州社(中国)

NSKステアリングシステムズ・ポーランド社

NSKステアリングシステムズ・ポーランド社

再生可能エネルギー使用量 再生可能エネルギー使用量

クリックで拡大

2550751001250150 GWh太陽光・自家発自家消購入電20160.40.40.40.4201766666662018181818181818182019454545452020127127127127127127127
地球温暖化・気候変動対策(関連サイト)

社会

安全管理体制強化の取り組み━安全防火イントラネット活用 リアルタイムでグローバルの情報共有化・共通化

安全防火イントラネット

安全防火対策推進室は、2016年12月より社内イントラネットのトップに安全防火トピックスを表示し、NSKグループ従業員へ安全や防火に関する情報を提供しています。また、NSKグループで展開される安全防火活動や安全標語、安全ポスターの優秀表彰を紹介するなど、グローバルにタイムリーな情報をNSKグループ各拠点に提供しています。

イントラネット情報

安全防火イントラネットは、「災害情報・報告」「マニュアル・規程」「分科会」「監査結果」の4つの基本情報に加えて、旬の情報を提供しています。また、グローバル方針や重点施策と目標を開示し、安全と防火とも無災害継続日数をグローバル工場別に見える化し共有しています。自工場の無災害継続にこだわる意識向上につながっています。

イントラネット情報

クリックで拡大

安全マネジメント(関連サイト)

NSKの高品質なモノつくりを伝え、支える「品質道場」

NSKグループでは、高品質なモノつくりの現場を支える人材を育成するため、様々な教育・研修を実施しています。各部門が連携し、お客様に満足していただけるより高い品質レベルの製品・サービスをつくり上げていきます。2019年度、各工場に「品質道場」と呼ばれるエリアを設置し、2020年度から全従業員を対象に教育運営を開始しました。この品質道場はグローバルで統一された構成であり、モノつくりのトータル人材育成を目指します。

品質道場は、NSKグループの主要全工場である国内17工場、海外40工場(韓国2工場、中国11工場、アメリカ9工場、ヨーロッパ6工場、アセアン7工場、インド5工場)に専用エリアを設け、品質保証本部指定の統一した6つのキーアイテムを定めて、役員層から従業員までを対象に、製品知識、過去トラ知識、検査方法の知識を広く習得し自らの仕事と品質を関連づけることができる、品質意識の改善を目指します。

2020年度は全道場においた師範と師範代を中心に活動の活性化と定期的なコンテンツの見直しを実施し、参加率向上のためのモニタリングを強化して全社員が道場を習慣化できるよう定着に向け始動した年となりました。

品質道場
品質道場のあるべき姿

クリックで拡大

品質マネジメント(関連サイト)

多様な働き方・人材育成の推進

多様性を組織の力に

NSKは経済産業省と東京証券取引所が共同で選定する令和2年度「なでしこ銘柄※3」に選ばれました。

NSKは、ダイバーシティ&インクルージョンの中でも、女性活躍推進を経営課題の一つと捉え、女性管理職候補層への教育などの施策に力を入れてきました。その他、広くダイバーシティを推進し、また柔軟な働き方を実現するための施策を進めてきたことが、評価されたものと考えています。

※3 なでしこ銘柄とは、「女性活躍推進」に優れた上場企業を「中長期の企業価値向上」を重視する投資家にとって魅力ある銘柄として紹介することを通じて、企業への投資を促進し、各社の取り組みを加速化していくことを狙いとして、2012年度より経済産業省と東京証券取引所が共同で選定しています。

ダイバーシティ(関連サイト)
NADESHIKO BRAND 2021

こころとからだの健康支援の取り組み

NSKの健康経営の取り組みが評価され、優良な健康経営を実践している企業として「健康経営優良法人」に4年連続で認定されました。また、その中でも特に優れた企業500社が該当する「ホワイト500」の認定を受けました。

NSKでは、従業員とその家族一人ひとりの健康は会社の重要な財産であるという認識に立ち、「こころの健康」「からだの健康」につながる取り組みを進めています。「こころの健康」では、毎年実施しているストレスチェックの結果をもとにして、職場の管理者層を対象とした組織分析フィードバック説明会を開催し、組織ごとの改善目標を立て実践しています。また、「からだの健康」では受動喫煙防止を目的として、2020年9月までにNSKの事業所建屋内にあった喫煙スペースを全て撤去しました。さらに、健康診断結果をシステムで一元管理することにより、データを使った健康支援施策を実施していきます。

健康経営優良法人2021ホワイト500
安全・健康・働き方(関連サイト)

学び方改革:教育機会、場所と時間の選択肢拡大

在宅勤務やリモート会議など、働き方が大きく変わる中、教育活動も集合研修からオンラインや動画配信などに形態が多様化しています。

従来、集合研修で実施していたプログラムを目的や特性に応じて、手法を変更したことでメリットも出ています。例えば、動画配信であれば時間を選ばず受講できる、オンライン研修であれば育児中などの事情で研修会場への出張が難しかった社員が参加できるなど、受講者の機会と利便性が拡大しました。

そのような教育ツールの一つとして新しく取り組んでいるのが、動画プログラム「Act Active Agent」です。このプログラムでは、社内の研修で受講者が取り組み発表した活動の中から、業務効率改善・スキルアップ・モチベーション向上につながるテーマを、受講者本人が動画化し、紹介しています。受講者が個人の学びを社内で共有することで、学び方の多様化とともに、全社的な働き方改革を進めています。

人事制度・キャリア開発(関連サイト)

ガバナンス

カルテル事件の教訓と企業理念を振り返る「NSK企業理念の日」

2011年に公正取引委員会の立入検査を受けてから9年が経過しました。過去のカルテル事件から学んだ教訓を再認識し、NSKグループの全従業員が「カルテル事件を風化させない」という決意を新たにするために、また一人ひとりが企業理念を振り返り自らの行動規範とするために、公正取引委員会の立入検査があった7月26日を「NSK企業理念の日」として制定しました。2020年度は、国内および海外の拠点で『社長メッセージ』、『企業理念の解説』、『カルテル事件の振り返り』に関する動画を視聴しました。その後、日本では、役員による企業理念体系の解説や企業理念体系の実践事例の紹介を行いました。海外では、拠点の責任者のメッセージを視聴した後で、外部講師による講演、コンプライアンスに関するディスカッションなど、それぞれの拠点で独自の取り組みを実施しました。

NSK企業理念の⽇(2019年度)の模様。2020年以降は、動画の視聴を実施
NSK企業理念の⽇(2019年度)の模様。2020年以降は、動画の視聴を実施

NSK企業理念の⽇(2019年度)の模様。2020年以降は、動画の視聴を実施

コンプライアンス(関連サイト)