メインビジュアル

サステナビリティの考え方・体制

CSRマネジメント

価値創造を通じた社会課題の解決と企業としての持続的成長の両立

NSKは、「円滑で安全な社会」「地球環境の保全」「人と人の結びつき」を謳う企業理念の下、各ステークホルダーとの協創による価値創出を通じ、社会課題解決への貢献と企業としての持続的成長の両立を目指しています。そしてその実現を念頭に、創立100周年に際しNSKビジョン2026を定めました。

さらに2026年の目指す姿として「持続的成長を可能にする企業基盤を確立し、MOTION & CONTROL™の進化を通じた価値の提供」を続けることを目標とし、「事業の成長と収益力」、「強靭な経営資源の活用」、「ESG経営」の3つの経営課題を策定、現在はその実現のための最初の3年間と位置づけ、第6次中期経営計画に取り組んでいます。

NSKのESGは、経営の効率性・機動性・公正性を向上させ監督機能を強化するガバナンス体制の下で、安全・品質・コンプライアンス・環境をコアバリューとし、自らの責任として社会課題の解決に貢献することと位置づけています。そして、取り組みを進めるにあたり、SDGsの精神を尊重したSDGs宣言を定め、その考え方に立ちNSKの重要課題を選定しました。この7つの重要課題を視線の先に置きながら、より具体性を持たせた戦略的な取り組みとして、SDGs取り組み宣言も策定しています。NSKは事業活動を通じてステークホルダーと価値を協創し続けることによって、SDGsの目標達成に貢献します。

NSKとSDGsが目指す社会の実現に向けて(関連サイト)
目指す姿 SDGs宣言 sdgs

CSR/ESG経営 推進体制

4つのコアバリュー「安全」「品質」「コンプライアンス」「環境」については、社長や担当役員などをメンバーとする各種委員会を設置し、グループ全体の方針の審議や意思決定、取り組みの進捗の確認や見直し、部門を横断しての情報共有などを行っています。その他の領域については、各関連執行部門が連携し、日々活動のレベルアップを図っています。

クリックで拡大