メインビジュアル

人権尊重

基本的な考え方

円滑で安全な社会や地球環境の保全に役立つ優れた製品やサービスなど、社会課題の解決に貢献する価値を創出し、NSKが持続的に成長していくには、従業員一人ひとりの個性と可能性を尊重するとともに、いきいきと働き続けることのできる職場づくりが大切と考えています。

その実現に向け、NSKは「世界人権宣言」や「ビジネスと人権に関する指導原則」といった国際規範を支持・尊重するとともに、「NSK企業倫理規則」に、人権や労働に関する項目を定め、役員・従業員に遵守を求めています。その上で、ダイバーシティ&インクルージョンなどの取り組みを推進し、様々な従業員が力を発揮できる組織・風土づくりを行っています。さらに、NSK企業倫理規則に定める内容を「NSKサプライヤーCSRガイドライン」に反映し、サプライヤーの皆様と協力し、人権や労働に関する課題に取り組むことを目指しています。

体制

人権や労働に関する活動は、労働時間の適正な管理や職場における不当な差別、ハラスメントの防止、安全で働きやすい職場づくりなど多岐にわたります。また、自社だけにとどまらず、サプライチェーン全体で取り組むことが重要と認識し、サプライヤーの皆様に同様の活動推進をお願いしています。そのため、NSKグループでは、CSR本部や人事や安全、調達などにかかわる部門が取り組みを進めています。

NSKの取り組み

NSKは、企業倫理規則に「差別の禁止と健全な職場環境の整備」「労働における基本的権利の尊重」を定めるとともに、遵守すべき事項を解説した「NSKコンプライアンスガイドブック」を各国の言語で発行し、役員・従業員に配布しています。また、定期的に社内研修などを実施し理解を促しています。

コンプライアンスガイドブック

内部通報制度、是正の仕組み

NSKは、違法行為や不正行為を早期に把握し是正することを目指し、従業員や役員が違法行為や不正のおそれのある行為を発見した場合は、社内または社外の内部通報窓口に通報することを求めています。なお、通報者は匿名で通報することができ、そのことで不利益を被ることがないようにしています。関係する法令やNSK企業倫理規則に反する行為があった場合は、社内規定に基づき懲戒処分の対象となります。さらに、毎年全ての事業所を対象に実施するリスク評価に、法令やNSK企業倫理規則に反する行為に関するリスクや、労働安全、サプライチェーンに関するリスクなどの項目を含めています。評価の結果、重要性が高いと判断された項目については、リスクを軽減するための措置を講じています。

コンプライアンス(関連サイト)

対話に基づく労使関係の構築

NSKは、モノつくりの企業として持続的に成長していくには、雇用を長期的な視点で捉え、優れた人材を生産や販売、開発などの事業所が所在する国や地域で継続的に採用し、育成していくことが重要と考えています。

NSKグループは、国際規範や現地の法律に則って適切に従業員を雇用するとともに、労使の健全な関係が不可欠と考え、従業員が報復、脅迫や嫌がらせをおそれず、経営層と直接コミュニケーションできる権利(労使の対話)を保障しています。さらに、従業員一人ひとりがやりがいを感じ、成長できる職場環境を整えていくことが重要と考え、従業員のエンゲージメントやコンプライアンス意識の浸透度を測ることを目的とした従業員意識調査を実施し、明らかになった課題への対策を実施しています。

多様な人材が能力を発揮できる職場づくり

NSKは、企業倫理規則に定める項目を解説する「NSKコンプライアンスガイドブック」において、性自認・性的指向を含む不当な差別の禁止を明確にしています。また、「NSKトランスジェンダーも働きやすい職場づくりに向けたガイドライン」では、LGBTQ+(SOGI※1)に関する知識やアウティング※2、SOGIに関するハラスメントを未然に防止するために配慮すべき事項を解説しています。さらに2020年度には、社内報を通じた啓発やLGBTQ+をテーマにしたオンラインイベントを実施し、見えにくい多様性を受容する風土づくりを進めました。

※1 Sexual Orientation, Gender Identity(性的指向と性自認)の英語の頭文字を並べた言葉。LGBTは「人」の属性を示す言葉だが、SOGIは性に関する「概念」を指す言葉

※2 他者の性的指向や性自認などを、その人の同意なしに、第三者に伝えてしまうこと

見えにくい多様性への対応:LGBT(SOGI)

サプライチェーンへの取り組み

NSKは、「NSKサプライヤーCSRガイドライン」に人権や労働に関して遵守すべき事項を含め、サプライヤーの皆様に配布し取り組みを要請しています。本ガイドラインでは、NSKグループと直接の取引関係にあるサプライヤーの皆様に自社の取り組みを求めるとともに、人権などに配慮した調達活動を進めていただくことで、さらに上流のサプライヤーの皆様に取り組みを進展させていくことを目指しています。また、定期的にCSR取組度調査(自主点検)を実施し、明らかになった課題を皆様にフィードバックすることで、活動のレベルアップに役立ててもらえるようにしています。

サプライチェーンマネジメント(関連サイト)

紛争鉱物規制への対応

NSKは、コンゴ民主共和国とその周辺国において、人権侵害を行う反社会的武装勢力への資金や利益供与につながる紛争鉱物※3を製品に使用しないことを方針としています。また、調査により使用が懸念される場合は、該当する部品や原材料等の使用回避に向けた施策を行うこととしています。

自動車の電動パワーステアリングに使われる電子部品など、一部のNSK製品に米国 紛争鉱物規制※4が調査対象とするスズ、タンタルなどを使用しています。そのため、NSKは該当する部品や原材料のサプライヤーの皆様と共同で、毎年、サプライチェーンをさかのぼって原産国や精錬所を調べるなど、紛争鉱物に関する調査を行っています。なお、2020年度までに実施した調査の結果、武装勢力の資金源となるような紛争鉱物の使用は確認されていません。

※3 コンゴ民主共和国及び周辺国から産出される4種類の鉱物(タンタル、スズ、タングステン、金)で、同地域の武装勢力の活動資金源となっているもの

※4 米国上場企業する企業に、毎年、紛争鉱物の使用状況を調べ報告や情報開示を義務付ける規制。NSKは、本規制が対象とする米国上場企業ではないが、調査を実施し顧客への情報提供等を行っている