欧州の工作機械展示会「EMO Hannover 2023」に出展

  • 高精度化、長寿命化など時代のニーズを反映した最新の製品・技術を「サステナビリティ」をテーマとしてご紹介
  • 重切削と超高速回転を両立した工作機械向け軸受、次世代高精度工作機械用ボールねじなど、EMO初出展品をラインアップ

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長・CEO 市井 明俊、以下NSK)は、2023年9月18日(月)~9月23日(土)にドイツのハノーバー国際見本市会場で開催される世界最大級の工作機械展示会「EMO Hannover 2023」に出展します。


ブースイメージ
ブースイメージ

機械要素に求められることは刻々と変化しています。今回は、時代のニーズに応えて持続的な社会の発展に貢献する「サステナビリティ」を展示テーマとして掲げ、高精度化や長寿命化など、最新の製品や技術をご紹介いたします。

展示内容は、EMO初出展品を多数ご用意し、実際の製品の動きをご覧いただける動態展示を中心に構成されています。また、参考出展品としては、全方向への滑らかな移動を実現する車輪ユニット「アクティブキャスタ」などを展示します。お客様との情報交換を通して、今後の製品開発に繋げていきます。

主な出展品

<主軸系>
1. 工作機械主軸用 高負荷容量・超高速アンギュラ玉軸受「ロバストダイナ™」
EMO初出展

工作機械主軸用 高負荷容量・超高速アンギュラ玉軸受「ロバストダイナ」
  • 重切削と超高速回転を両立し、ワイドレンジ加工に対応
  • 高負荷容量化により、重切削加工と加工時間短縮を実現
  • 耐衝撃性の向上により、スピンドルの長期安定稼働に貢献
<送り系>
2. 次世代高精度工作機械用ボールねじ
EMO初出展

次世代高精度工作機械用ボールねじ
  • ボールねじの運動方向反転時に生じる摩擦変動を抑制することで、発生する「象限突起」の発生を低減
  • 加工面品位の向上と動摩擦トルクの低減により、工作機械の省エネルギー化に貢献
3. NSKリニアガイド™長寿命シリーズ DH・DS型
EMO初出展

NSKリニアガイド長寿命シリーズ DH・DS型
  • NSK独自の熱処理技術の一つであるTF(タフ)化技術により、従来比2倍の長寿命・世界最高レベルの動定格荷重を実現
  • 設備の信頼性向上や小型化に貢献
<予知保全>
4. 状態監視システムVCM-3 New Window
EMO初出展

状態監視システムVCM-3
  • 優れたエッジコンピューティングを有するデバイス内部にて、振動データを状態監視可能な指標に演算可能
  • 演算値は、当社クラウドプラットフォームもしくは顧客プラットフォームにデータ転送が可能

主な参考出展品

1. VCM-3を用いた直動製品の状態監視システム

VCM-3を用いた直動製品の状態監視システム
  • 測定トリガーを実装することで、複雑な動作をする工作機械においても適切なタイミングでデータ収集を実現
  • NSK独自の診断技術により、軸受・ボールねじ・リニアガイドの状態を高精度に診断可能
  • 会場では「ボールねじの摩耗」を検知するデモンストレーションを実施
2. アクティブキャスタ

アクティブキャスタ
  • 全方向への滑らかな動きを実現する車輪ユニット

出展概要

展示会名称 EMO Hannover 2023
日程 2023年9月18日(月)~9月23日(土)
会場 ハノーバー国際見本市会場
NSKブースNo.7ホール、No.C42
公式ウェブサイト EMO Hannover 2023 | ドイツメッセ日本代表部 New Window

関連プレスリリース

NSKについて

NSKは、1916年に日本で最初の軸受(ベアリング)を生産して以来、100年以上にわたり軸受や自動車部品、精機製品などのさまざまな革新的な製品・技術を生み出し、世界の産業の発展を支えてきました。1960年代初頭から海外に進出し、現在では30ヶ国以上に拠点を設け、軸受の分野で世界第3位、また電動パワーステアリング、ボールねじなどにおいても世界をリードしています。

企業理念として、MOTION & CONTROL™を通じて円滑で安全な社会に貢献し、地球環境の保全をめざすとともに、グローバルな活動によって、国を越えた人と人の結びつきを強めることを掲げています。2026年に向けてNSKビジョン2026「あたらしい動きをつくる。」を掲げ、世の中の期待に応える価値を協創し、社会への貢献と企業の発展の両立を目指していきます。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。