メインビジュアル

スラスト玉軸受

上記リンクをクリックすると、このページの該当箇所に移動します。

概要

スラスト玉軸受は、高速作動時にスラスト荷重を受けるよう設計されており、玉が転動する軌道溝を持ったワッシャー状の軌道盤で構成されています。スラスト玉軸受は、軌道盤の座形によって平面座形タイプと調心座形タイプに分かれます。なお、アキシアル荷重は受けられますが、ラジアル荷重は受けることができません。
スラスト玉軸受には単式タイプと複式タイプがあります。取り付け誤差が許容できるよう、単式、複式のいずれの場合も、球面調心座形タイプと調心座金つきタイプを選択可能です。

スラスト玉軸受

特徴

  1. 単式、複式の2タイプを用意
  2. 取り付け誤差が許容できるよう、単式、複式のいずれの場合も、球面調心座形タイプと調心座金つきタイプを選択可能

製品一覧

単式スラスト玉軸受

単式スラスト玉軸受

単式スラスト玉軸受

単式スラスト玉軸受は、軌道盤2つ(軸軌道盤とハウジング軌道盤)、玉を組み込んだ保持器1つで構成されています。一方向のアキシアル荷重を受けます。

特長

  1. 玉が転動する溝をもった座金状の軌道盤と玉を組み込んだ保持器とから構成されています。
  2. 軸に取り付ける軌道盤を軸軌道盤といい、ハウジングに取り付ける軌道盤をハウジング軌道盤(ハウジングワッシャ、固定輪)と呼びます。
  3. 一方向のアキシアル荷重を受けます。

用途例

  1. プリンター周辺機、精密位置決めステージ内ボールねじ支持部、無人搬送車駆動ユニット、ラジアルボール盤主軸、釣具リール

複式スラスト玉軸受

複式スラスト玉軸受

複式スラスト玉軸受

複式スラスト玉軸受は、軌道盤3つ、玉を組み込んだ保持器2つで構成されています。この場合、玉を組み込んだ2つの保持器で軸軌道盤を挟み込む形となります。 両方向のアキシアル荷重を受けます。

特長

  1. 玉が転動する溝をもった座金状の軌道盤と玉を組み込んだ保持器で構成されています。
  2. 軸に取り付ける軌道盤を軸軌道盤といい、ハウジングに取り付ける軌道盤を軌道盤と呼びます。
  3. 両方向のアキシアル荷重を負荷することができます。取付誤差などの影響を軽減するため、ハウジング軌道盤に調芯座金を付けた形式のスラスト玉軸受もあります。

用途例

  1. 真空ポンプ、農機のディスクハブ、コンプレッサー、プレス機、クラッチブレーキ

よくある質問

  • アキシアル荷重とスラスト荷重の違いは何ですか。
    • アキシアル荷重とスラスト荷重は、名称は異なりますが、同一です。
  • スラスト玉軸受にラジアル荷重を負荷させることは可能ですか。
    • スラスト玉軸受はラジアル荷重を負荷することはできません。