メインビジュアル

Nシリーズ薄肉ベアリング

上記リンクをクリックすると、このページの該当箇所に移動します。

概要

ロボット、産業機械のコンパクト化・軽量化・低トルク化に貢献する、極めて薄肉の玉軸受です。

摩擦トルクが低く、トルク変動が小さいため、トルクの伝達効率を高め、円滑な回転が得られます。 高速回転も可能な高精度の軸受です。

Nシリーズ薄肉ベアリング

特長

  1. 最も薄肉形の深溝玉軸受NB7シリーズでは、軸受スペースを一段と節約できるので、装置の小形・軽量化が可能です。
  2. 薄肉形の深溝玉軸受68・69シリーズは開放形はもちろん、密封性についても充実を図っています。メンテナンスフリーであり、また止め輪付き軸受もあるので軸受周りの構造を簡単にすることができます。

用途例

  1. ロボット軸、ロボット減速機、ハーモニックドライブ、RV減速機、自転車駆動装置

製品資料

※カタログ一覧、カタログ注文は「カタログ請求」から。

よくある質問

  • 呼び番号の「DD」と「DDU」の違いは何ですか。
    • DD、DDUはどちらも接触型のゴムシールです。薄肉タイプでは構造上の理由で内輪外径にシール溝が加工できないので、段付きにして、そこにシールリップ(シール先端)を当てるDDタイプを使用します。ミニアチュアベアリングもサイズ上の理由で同様のDDタイプとなります。ほかの標準型はDDUを使用しています。