メインビジュアル

アンギュラ玉軸受

上記リンクをクリックすると、このページの該当箇所に移動します。

概要

OEMメーカーからの要求は日増しに高まっています。NSKの各種アンギュラ玉軸受は、この多様な要求を満たすために設計されています。アンギュラ玉軸受は接触角度を持っているため、ラジアル荷重と1方向の大アキシアル荷重を同時に支持することができます。またアンギュラ玉軸受はラジアル荷重のかかったときに軸方向成分が生じるため、2個、3個、4個など複数個組み合わせて用いるのが普通です。NSKでは、アンギュラ玉軸受をフルレンジで提供しております。

アンギュラ玉軸受

特長

  1. 接触角 ― 15度、25度、30度、40度を用意
  2. 保持器 ― ポリアミド製、鋼製、真鍮製の各種保持器を用意

CADデータダウンロード

PARTcommunity

ベアリング製品および精機製品(ボールねじ、NSKリニアガイド)の2D/3D CADデータがダウンロードいただけます。ぜひご利用ください。
※PARTcommunityは、CADENAS GmbHが提供する無料のCADデータダウンロードサービスです。

製品一覧

単列アンギュラ玉軸受(打ち抜き保持器&銅合金もみ抜き保持器)

単列アンギュラ玉軸受(打ち抜き保持器&銅合金もみ抜き保持器)

単列アンギュラ玉軸受(打ち抜き保持器&銅合金もみ抜き保持器)

この軸受は接触角をもっているので、一方向のアキシアル荷重又は合成荷重を受けるのに適している。 構造上ラジアル荷重がかかるとアキシアル分力が生じるので、2個を対向させて使用するか2個以上を組み合わせた軸受として用いる。単列アンギュラ玉軸受は、予圧を加えることにより軸受の剛性を高めることができるので、軸の回転精度が要求される工作機械の主軸などの用途に適している。

通常接触角が30°(記号A)及び40°(記号B)のアンギュラ玉軸受の保持器は表1によっているが、用途に応じて合成樹脂もみ抜き保持器又はポリアミド成形保持器も用いられる寸法表記載の基本定格荷重は、表1の保持器区分に基づいている。

表1を表示する

表1 アンギュラ玉軸受の標準保持器
軸受系列 打抜き保持器 銅台金もみ抜き保持器
79A5,C - 7900~7940
70A 7000~7018 7019~7040
70C - 7000~7022
72A,B 7200~7222 7224~7240
72C - 7200~7240
73A,B 7300~7320 7321~7340

組合せアンギュラ玉軸受

組合せアンギュラ玉軸受

組合せアンギュラ玉軸受

組合せ軸受の形式・特徴を、表2に示す。

表2を表示する

表2 組合せ軸受の形式・特徴
図例 形式 特徴
背面組合せ形 背面組合せ形
DB
(例)7208ADB
ラジアル荷重と両方向のアキ シアル荷重を受けることができる
作用点距離aoが大きいのでモーメント荷重が作用する場合に適している
正面組合せ形 正面組合せ形
DF
(例)7208 B DF
ラジアル荷重と両方向のアキシアル荷重を受けることができる
背面組台せに比べて.作用点距離が小さいので、モーメント荷重に対する負荷能力は劣る
並列組合せ形 並列組合せ形
DT
(例)7208A DT
ラジアル荷重と一方向のアキシアル荷重を受けることができる2個の軸受でアキシアル荷重を受けるので、一方向の荷重が大きい場合に用いる

複列アンギュラ玉軸受

複列アンギュラ玉軸受

複列アンギュラ玉軸受

単列アンギュラ玉軸受を背面組合せとし、内輪外輪をそれぞれ一体にした構造である。両方向のアキシアル荷重を負荷することができ、モーメント荷重に対する負荷能力がある固定側軸受として使用できる。保持器は打抜き保持器である。

4点接触玉軸受

4点接触玉軸受

4点接触玉軸受

内輪が二つに分離しており、1個の軸受で両方向のアキシアル荷重を受けることができる。接触角は35°で、アキシアル荷重の負荷能力が大きい。純アキシアル荷重又はアキシアル荷重の大きい合成荷重を受けるのに適している。銅合金もみ抜き保持器が使用されている。