メインビジュアル

電動化関連製品

上記リンクをクリックすると、このページの該当箇所に移動します。

概要

地球温暖化などの環境問題を背景として、カーボンニュートラルの実現に向けた社会的取り組みが注目される中、環境負荷が小さい電動車の普及が期待されていますが、電動車普及に向けた様々な重要課題があります。NSKではこれら の電動車の発展のために、高効率化・小型化・軽量化・高速化を更に進化させた様々な製品の開発に継続的に取り組んでいます。

ステアリング・システム

製品一覧

シームレス2スピードeアクスルコンセプト

シームレス2スピードeアクスルコンセプト

シームレス2スピードeアクスルコンセプト

高速モータ及びトラクションドライブ減速機の組み合わせによる小型・軽量化、また磁歪式トルクセンサー及び電動シフトアクチュエータの組み合わせによる高機能な2速化を実現する電動駆動ユニットコンセプトです。EVの課題である航続距離と走行性能を向上しつつ、快適な乗り心地や小型・軽量化にも貢献します。

高効率後輪操舵アクチュエータ

高効率後輪操舵アクチュエータ

高効率後輪操舵アクチュエータ

電動化の潮流に対し、モータを小型化・省電力化した高効率な後輪操舵アクチュエータを実現します。ボールねじと新開発ロッキングクラッチを組み合わせることにより、モータからの回転運動をロスなく直線運動に変換し、アクチュエータが伸縮することで高効率な操舵角度の変更が可能です。また、モータの消費電力が“0(ゼロ)”の状態でアクチュエータの伸縮を固定し操舵角度を保持します。

電動油圧ブレーキ用ボールねじアクチュエータ

電動油圧ブレーキ用ボールねじアクチュエータ

電動油圧ブレーキ用ボールねじアクチュエータ

ブレーキシステムに低摩擦ボールねじを採用し、高速動作によるブレーキ応答性の向上、安定した効率によるブレーキ制御性の向上を実現します。軸受、周辺部品一体化により、システムの小型化、軽量化も可能です。

ステアバイワイヤ用操舵反力装置(FFA)/タイヤ転舵装置(RWA)

ステアバイワイヤ用操舵反力装置(FFA)/タイヤ転舵装置(RWA)

ステアバイワイヤ用操舵反力装置(FFA)/タイヤ転舵装置(RWA)

ステアバイワイヤ式ステアリングは、ハンドルとタイヤ間の一部を電気的に接続し、従来は難しかった安全性、快適性を向上する新たな機能を実現します。これに不可欠な装置が、開発中の操舵反力装置(FFA)とタイヤ転舵装置(RWA)です。故障発生時でも機能継続性を確保した信号伝達制御も開発中です。

耐電食スラストニードル軸受

耐電食スラストニードル軸受

耐電食スラストニードル軸受

電動車用モータ周りにおいて軸受寿命低下の原因となる電食発生を防止し、軸受機能信頼性を向上します。

電動車駆動モータ用「高速回転玉軸受Gen3」

電動車駆動モータ用「高速回転玉軸受Gen3」

電動車駆動モータ用「高速回転玉軸受Gen3」

トポロジー最適化と独自の解析技術を活用し、軽量で、かつ遠心力による変形を抑制する形状の保持器を開発しました。EVモータ用グリース潤滑玉軸受として、世界最高速回転(dmN180万以上)を実現し、EVモータの小型・軽量化に貢献します。

電動車向け低フリクションHUBユニット軸受

電動車向け低フリクションHUBユニット軸受

電動車向け低フリクションHUBユニット軸受

軸受内部グリースの改良を行い、信頼性を維持しつつフリクションを減らした電動車向け低フリクションハブユニットを開発しました。フリクション低減により自動車の燃費や電気自動車の航続距離延長に貢献します。

希薄潤滑環境向け円すいころ軸受

希薄潤滑環境向け円すいころ軸受

希薄潤滑環境向け円すいころ軸受

希薄潤滑環境下における、油膜切れによるころ頭部‐内輪大つば間の焼付きを防止するために、毛細管現象により潤滑油を保持し、ころ端面へ給油する溝機構を保持器に設計しました。

電動モータ用耐圧高密封シール付き軸受

電動モータ用耐圧高密封シール付き軸受

電動モータ用耐圧高密封シール付き軸受

ABSモータ内へのオイル侵入抑制による長寿命化やスロットルバルブの高耐圧化へ対応します。シール密封性において、コンピューター解析と検証試験を積み重ねた結果、異物の侵入を防止する高密封シール付き軸受を開発し、モータの長寿命化と信頼性の向上を実現します。ブレーキシステム制御系モータを含めオイルポンプ全般に提案可能です。

自動車用耐フレッチング軸受

自動車用耐フレッチング軸受

自動車用耐フレッチング軸受

揺動環境下で使用される自動車向け深溝玉軸受において、耐摩耗性を向上した「揺動環境下での耐フレッチンググリース」を開発し、グリース成分の配合を最適化することにより、耐熱性を確保しながら耐摩耗性を向上しました。自動車の電動化や低燃費化に伴う揺動環境において、耐久性向上に貢献します。

次世代高耐熱摩擦材

次世代高耐熱摩擦材

次世代高耐熱摩擦材

電動化(ICE⇒MOTOR)による高回転化等によるクラッチ係合時の発熱量上昇により、従来製品ではプレート焼け/変形や摩擦材の劣化が懸念されますが、高熱伝導性素材の大幅な増量と柔軟性向上を含む摩擦材構造の最適化により、耐熱性を進化させた摩擦材を開発しました。従来より高発熱量環境下での適用を可能とし、自動車の電動化等の進化に貢献します。

関連産業