メインビジュアル

安全マネジメント

基本的な考え方

NSKグループは「安全」をコアバリューの一つに位置づけ、従業員の意識を高め、基本行動判断のよりどころとしています。従業員一人ひとりの安全を確保し、全ての従業員が安全に行動できるよう、NSKグループは安全理念に基づき、様々な取り組みを実施し、現状に満足することなく、常に安全レベル向上を目指しています。

全ての従業員およびNSKグループ内で働くビジネスパートナーの安全と健康を守る活動に取り組んでいます。いかなる業務よりも優先するのは「安全」であり、安全の上に企業活動が成り立っていることを理念で表現し、従業員一人ひとりのマインドの基本としています。グローバルに全ての職場で安全を確保し、安心して働ける、つまり「働きやすい職場」を自らが目指し行動します。

NSKグループでは、安全方針に上記の3つの重点施策を掲げ、安全・安心・働きやすい職場づくりに取り組んでいます。「重大災害未然防止」はSTOP6+2活動、および外来工事業者や請負会社などのビジネスパートナーも安全に作業ができる環境づくりに取り組んでいます。「安全意識の向上」は、相互啓発型の安全文化醸成に向けた活動として、生産拠点で安全文化ワークショップを運営しています。また、経営幹部の安全への想いを従業員に感じてもらえるリーダーシップを学ぶ機会として、2020年度より経営幹部コアバリューワークショップの運営を開始し、継続的に展開しています。さらに、他拠点の災害を自職場へ置き換えて、危険個所、リスクおよび安全な作業方法について一人ひとりが振り返り考える「自分事化活動」や、会議の始まりに出席者が身の周りの安全にかかわる経験・事例について出席者に共有する「セーフティコンタクト」を実施しながら、一人ひとりが安全について考える時間を増やすように取り組んでいます。また、「再発災害防止」はリスクアセスメント(RA)を計画的に実施することで、設備のリスクだけでなく作業のリスクを抽出し改善を実施しています。

体制

労働安全衛生マネジメント推進体制

NSKグループは、モノつくりを支える職場の安全衛生活動を積極的に推進し、従業員が存分に力を発揮できる環境の提供が重要だと考えています。この考えに基づき、社長を委員長とする「安全防火委員会」を組織しています。また、グローバルに安全防火を協議する「グローバル安全防火協議会」(各地域の総支配人が参加)と「グローバル安全防火地域責任者会議」(各地域の安全防火責任者が参加)の2つの会議体を通して、主要取り組み課題の統一を行っています。

グローバル安全防火運営体制
安全マネジメント体制

労働安全衛生マネジメントシステム

NSKグループでは、労働安全衛生に関する法規制や国際機関が定めた内容に準拠した独自の労働安全衛生マネジメントシステムを構築し、各事業所で働く全員の参加による安全第一の社風づくりに努めています。また、発生した災害の情報と防止策をスピーディにグローバルで共有することで、同様の災害の発生防止に努めています。

2020年度も労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格の認証取得を推進し、国内6 拠点、海外18 拠点がISO45001※1を取得しました。2021 年度も国内外で順次認証を取得する予定です。

※1 ISO(国際標準化機構)が2018年3月に発行した労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格

目標と実績

第6次中期経営計画(2019〜2021年度)目標と2020年度の目標と実績

方針 第6次中期経営計画目標 2020年度目標 2020年度実績
重大災害未然防止 危険個所の抽出・改善のPDCAサイクルを各生産拠点が自力で実施 各拠点のリスク抽出点検のレベルアップとリスク低減活動の自走化をサポート 重大災害リスク評価基準の改善継続とその運用により、前年度までの抽出リスク低減完了、各生産拠点の自走化レベル向上
外来工事業者のさらなる安全管理向上 請負/委託/外来工事業者の業務点検と改善指導
  • 「請負/委託安全ガイドブック」を制定・運用開始
  • 外来工事管理ウェブシステム運用定着
安全意識の向上 KYT※2や指差し呼称など安全意識を高める行動の定着 NSK安全文化を相互啓発型に引き上げるため、国内拠点で安全文化ワークショップを企画・立ち上げ
  • 安全文化ワークショップ運営体制の構築完了
  • 国内拠点でワークショップ運営開始
ISO45001の取得推進を進め、安全管理体系のさらなる向上 国内6拠点、海外18拠点でのISO45001取得
(新型コロナウイルスの影響で計画見直し)
国内3拠点、海外8拠点でISO45001取得、運用開始
(取得未完了拠点は2021年度前半で取得予定)
安全防火トレーニングセンターを新設し、安全文化のさらなる醸成 安全防火トレーニングセンターをリモート方式で開校 安全防火トレーニングセンターをリモート式で開校し、管理監督者向け安全教育講師養成研修を実施
各拠点2名育成完了
再発災害防止 災害を自職場に置き換える「自分事化」の工場オペレータへの展開 工場オペレータが自職場のリスクに気付く「自分事化」レベルアップ展開 上司からのリスクへの気付き力向上につながる指導により、工場オペレータの「自分事化」レベルアップ推進
設備および作業のリスクアセスメントによるリスクの抽出とその改善実施 既存設備のリスクアセスメントの実施・評価・対策
(2019~2021年度の3年計画推進)
既存設備のリスクアセスメントを計画通りに推進し、リスク低減対策を実施

※2 KYT:Kiken Yochi Training(危険予知訓練)

労働安全の取り組み

NSKグループでは、個々の安全意識を高める取り組みとして、「継続的な安全意識向上活動」と「安全について考える時間を増やす活動」の両面で活動を進めています。「継続的な安全意識向上活動」としては、KYT実践、ヒヤリハット※3提出、指差し呼称実践を継続的に職場で展開しています。KYT実践は、自職場の過去の災害事例やヒヤリハット事例を冊子にまとめ、朝礼などで全員が唱和することで活動のマンネリ化を防止しています。「安全について考える時間を増やす活動」は、自分事化、セーフティコンタクト、安全に関するグループ活動を実施しています。グループ活動は、国内拠点を対象に年に2回、安全に関するテーマを設定し全員参加で改善活動を行い、優秀活動を表彰しています。

※3 事故には至らなかったものの、「ヒヤリ」や「ハッ」とした経験。

安全意識の向上

指差し呼称

国内のNSKグループでは、指差し呼称を実践するにあたり、右記の3つのStepを順守しています。またこの活動の優良事例を全社で共有することで、各拠点での水平展開を図っています。

指差し呼称の3つのStep

各部門でのセーフティコンタクトの実施

NSKグループでは、会議や打ち合わせ、朝礼等の冒頭にセーフティコンタクトを実施しています。セーフティコンタクトは「安全に関する考え・想いを仲間と共有する活動」として、従業員が安全について考える時間を増やし、安全への感受性を高めることを期待しています。「身近な人から聞く話は共感しやすい」、「安全に対しこんな考え方があるのか、ということを再認識できる」との意見もあり、NSKグループの安全ツールとして継続しています。

自分事化

NSKグループでは、他拠点で発生した災害を自職場に置き換えて、自分の周りのリスク抽出を行っています。このように抽出したリスクへの対策を実施して再発防止につなげる活動を「自分事化」といいます。この自分事化を職場、または従業員一人ひとりが実施することで、自分の周りの新たなリスクに気が付き、安全環境の改善が進みます。この自分事化によって、職場内の安全に関するコミュニケーションも増加し、相互啓発型の安全文化醸成に役立っています。

重大災害未然防止

STOP6+2活動

NSKグループでは、重大災害未然防止として「STOP6+2」活動を展開しています。STOP6は重大災害を防止するための取り組みであり、製造業における災害事象を分類し重点活動を行うものです。その活動にNSKグループは、「酸欠、中毒による災害」と「一人作業の禁止」を追加し、「STOP6+2」活動を展開しています。

STOP6+2の重点活動テーマ

再発災害防止

動画での被災事例の共有

国内のNSKグループでは、災害事例をNSKイントラネットに掲示し情報の共有を図っています。以前は災害の詳細を文章で掲載していましたが、「製造部門以外の方には状況が理解できない」や「専門用語が多く、発生原因がわからない」などの声がありました。そこで、災害事例の映像も掲載することで、自職場の「自分事化」がしやすくなったと考えています。朝礼時にこの映像を全員で視聴し、安全に対する意識を高めて作業を開始する職場もあります。