メインビジュアル

環境貢献型製品

製品づくりの考え方

企業理念に定める「円滑で安全な社会への貢献」と「地球環境の保全」をめざした製品づくり

NSKは、企業理念に定める「円滑で安全な社会に貢献し、地球環境の保全をめざす」を実現するため、お客様や社会のニーズを的確に捉え、トライボロジー・材料技術・解析技術・メカトロ技術に生産技術を加えた4つのコアテクノロジープラスワンを駆使して、環境貢献型製品開発の基本方針に沿って環境貢献型の製品や技術の開発を進めています。そして、NSK製品を広く世界中に普及させていくことで、機械の高度化や環境にやさしい産業の発展に貢献し、社会全体の環境負荷低減を目指しています。

クリックで拡大

環境貢献型製品開発の基本方針

環境貢献型製品開発の基本方針

NSKの環境貢献を表す指標

NSKの製品は⾃動⾞や産業機械に組み込まれ、摩擦をコントロールし、エネルギー消費を減らすことができるため、全ての製品が地球環境保全に貢献します。さらなる貢献を目指し、NSKでは現在、製品の環境貢献を表す指標として、次の2つを定め運用しています。

Neco

環境貢献型製品の概要

環境貢献型製品の評価指標(Neco)

環境貢献型製品の開発は、省エネルギーや省資源に向けて多様な性能向上をバランス良く進めていく必要があります。高効率化・摩擦損失の低減、小型軽量化、長寿命化といった性能はトレードオフの関係にある場合も多いため、NSKは製品開発時に環境貢献度を総合的かつ定量的に評価する独自の「ものさし」として「NSK環境効率指標」(通称Neco=ネコ、NSK eco-efficiency indicators)を導入しています。

Necoは「製品価値V」を「環境負荷E」で除した数値によって表されます。分子の「製品価値V」は、寿命や性能、精度など製品価値向上のために高めていくべき評価項目について、従来製品を1とした場合の開発製品の改善度合いを数値で表します。また、分母の「環境負荷E」は、製品重量や消費電力、摩擦損失など、環境負荷低減のため減らしていくべき評価項目を、従来製品との比較で表します。

具体的に、軸受で例えると、従来製品に比べ寿命が長く、高速回転まで耐えることができ、小型で重量が軽く、摩擦損失が少ない製品ほど、Necoの値は大きくなります。NSKグループでは、開発製品のNecoの値を1.2以上にすることを目指しています。

環境貢献型製品の開発実績

NSKの製品は、自動車や産業機器などに組み込まれ、摩擦をコントロールし、エネルギーの消費を減らすことができます。こういった製品の特性を活かし、お客様の使用段階での省エネルギー・省資源・快適性に向けた環境貢献型製品の開発に取り組んでいます。また、研究開発、設計、生産、使用、廃棄までのライフサイクルを通して、環境負荷の最小化を目指しています。

Neco1.2以上の環境貢献型製品の開発実績

オフセット達成に向けた取り組み

NSKグループは、
1 CO2排出削減貢献製品による貢献量の拡大
2 事業活動からのCO2総排出量の削減
の2つの取り組みを推進し、⻑期経営計画の目標年度である2026年度までにNSKの製品CO2排出削減貢献量がNSKグループ事業活動全体のCO2排出量(スコープ1+2+3)を上回る実質的なオフセットを目指しています。

クリックで拡大

NSK製品の使用によるCO2排出削減

NSKは製品使用段階のCO2排出量削減について、直接貢献と間接貢献の2つのカテゴリーで取り組みを推進しています。

製品による使用段階でのCO2排出削減貢献の考え方

カテゴリー 貢献の考え方 CO2排出削減貢献例
直接貢献 NSK製品単体の性能が直接的にCO2排出削減に貢献するもの
  • 摩擦損失の低減
  • ⻑寿命化によるダウンサイジング
  • ⼩型・軽量化
間接貢献 NSK製品が組み込まれたお客様の装置や設備がCO2排出削減に貢献することで、間接的に貢献するもの
  • 油圧→電動化への対応
  • 再生可能エネルギー普及への対応
  • 新たな環境貢献型製品の開発

直接貢献

軸受によるフリクション低減など、既存品からのベース性能向上によって、NSK製品が機械のエネルギーロス低減に直接的に貢献する領域です。
以下の数式によって貢献度を算定しています。

CO2排出削減貢献量(製品単位)=ΔPCO2×年間稼動時間×使用期間×製品販売量
ΔPCO2:製品の単位時間当たりのCO2排出削減貢献量(CO2/hr)
年間稼動時間:製品の年間稼動時間(hr/年)
使用期間:製品の使用期間(年)
製品販売量︓当該年度の製品販売量

※(一社)日本ベアリング工業会にてガイドラインを策定中

事例:低フリクションハブユニット軸受

ハブユニット軸受には、苛酷な市場環境での使用を前提に、外部からの泥水侵入防止用の密封装置(シール)が装着されています。そのため、低フリクション化には、軸受内部とシール両方のフリクション低減が必要になります。一般的に、低フリクション化と、軸受機能(耐久性、剛性、シール密封性など)は、トレードオフの関係にあるため、単純に低フリクション化すると、市場での信頼性を損なう恐れがあります。
NSKは、軸受内部設計の最適化、最適グリースの選定、及び低フリクションシール開発により、市場での高信頼性を確保したまま、ハブユニット軸受のフリクションを25%低減させた「低フリクションハブユニット軸受」を開発しています。

クリックで拡大

間接貢献

風⼒発電設備や電動射出成型機(油圧の電動化)などに組み込まれることにより、NSK製品が間接的に貢献する領域です。風⼒発電の分野において開示されている軸受の寄与率などをもとにガイドラインを設定し、以下の数式で貢献度を算定しています。

CO2排出削減貢献量(装置単位)=ΔPCO2×年間稼動時間×使用期間×寄与率×普及(販売)量
ΔPCO2:装置の単位時間あたりのCO2排出削減貢献(CO2/hr)
年間稼動時間:装置の年間稼動時間(hr/年)
使用期間:装置の使用期間(年)
寄与率:装置におけるNSK製品の寄与率(%)
製品普及(販売)量:当該年度の普及(販売)量

事例:風力発電機用軸受

NSKは、風⼒発電機を構成する上で⽋かせない増速機に使用される軸受を提供し、再生可能エネルギーの普及に貢献しています。風⼒発電機用軸受には⾼い信頼性が求められます。これは風⾞が20年間稼働することを前提として設計されており、トラブル発生時の部品交換が容易ではないためです。このため、⾼度なコンピューター解析技術、材料、熱処理に対する深いノウハウ、実物大軸受の試験評価技術が要求されます。NSKはこれらの全てについて、軸受業界のトップクラスの実⼒を備えています。これらを常に進化させ続けることによって、市場の期待に応えていきます。

クリックで拡大