「MEX金沢 2023」に出展

~工作機械の省エネ・カーボンニュートラルへのソリューション~

  • 工作機械業界の省エネ、長寿命、自動化、高精度化に貢献する製品ラインアップ
  • 日本精工株式会社の目指すカーボンニュートラル社会の展示

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長・CEO 市井 明俊、以下NSK)は2023年5月18日(木)~5月20日(土)に石川県産業展示館(金沢市)で開催される「MEX金沢2023(第59回機械工業見本市金沢)」に出展します。工作機械業界の省エネ、長寿命、自動化、高精度化に貢献する製品群を展示するほか、NSKの目指すカーボンニュートラル社会のジオラマや、北陸の製造拠点であるNSK富山株式会社が生産する超大形軸受もご紹介します。


ブースイメージ

MEX金沢2023概要

MEX金沢は、石川県産業展示館で毎年開催される、北陸地方最大級の機械工業見本市です。金属工作・加工機械や、電機・電子関連機器などの流通促進と技術交流をはかり、産業と貿易の振興発展に寄与することを目的としています。

NSK出展コンセプト

『MORE THAN PRECISION』 あたらしい動きが、次の世界をつくりだす。

NSKは、新たな課題や目指すべき目標が発見される度にそれを追い求め、世の中を確実に前進させてきました。そしてこれからも、取り組まなければいけない課題から決して逃げない。

あたらしい動きとアイデアが、次の世界を変える。NSKは、さらなる精度を追い求め、挑戦し続けることを表しています。

NSK 展示内容

NSKは工作機械に不可欠な4つの要素部品(精密軸受、ボールねじ、直動案内、スピンドル)を開発・製造している唯一のグローバル企業として、工作機械業界の省エネ、長寿命、自動化、高精度化など、工作機械の高度化に貢献する高性能な製品を開発しています。

今回の「MEX金沢2023」では、お客様の要求にお応えする最新の製品・技術を厳選し出展します。この他、『MORE THAN PRECISION』のコンセプトに基づき、「つくる」と「つかう」でカーボンニュートラル社会の実現を目指す環境展示や、北陸の製造拠点であるNSK富山株式会社の超大形軸受をご紹介します。

◆〈送り系〉
  • 次世代高精度工作機械用ボールねじ
    
次世代高精度工作機械用ボールねじ

    リアルデジタルツイン*を活用した摩擦解析技術により、ボールねじの運動方向反転時に生じる摩擦変動を抑制することで発生する「象限突起」の発生を低減します。これにより、加工面品位の向上と動摩擦トルクの低減により工作機械の省エネルギー化に貢献します。

    *リアルデジタルツイン:
    現象の内部を詳細に観察し、そのカラクリの推理やモデル化を通じ本質を理解することで、既成概念を打ち破るソリューションを発想するNSK独自の開発手法。
◆〈主軸系〉
  • 工作機械主軸用新グリース ロバストガード™/ROBUSTGRD™
    
工作機械主軸用新グリース ロバストガード/ROBUSTGRD

    耐焼付性の向上とクーラント環境下における信頼性向上により、グリース潤滑の採用拡大を実現します。これにより、工作機械の消費電力削減や生産性向上、長期安定稼働に貢献します。

  • ロバストダイナ™(ROBUSTDYNA™) シリーズJタイプ
    
ロバストダイナ(ROBUSTDYNA) シリーズJタイプ

    内部諸元の最適化とNSK独自の長寿命材の採用により、重切削化と高速回転対応を可能にした他、長寿命化と製造時のCO2削減を実現します。これにより工作機械の生産性向上と長期安定稼働に貢献します。

◆その他の展示内容
  • 環境ジオラマ:

    NSK製品の使用部位が見える環境ジオラマにて、AR機能を使って、カーボンニュートラルへの貢献をご紹介します。

  • 超大形軸受製品:

    NSK富山株式会社が製造している直径約1mの超大形軸受製品を展示します。

    * NSK富山株式会社については、こちらからご覧いただけます。
    NSK富山株式会社 (nsk-toyama.co.jp) New Window

  • 組立体験コーナー:

    ベアリングの組立体験により、ベアリングの仕組みについて理解を深めていただけます。

出展概要

展示会名 MEX金沢2023(第59回機械工業見本市金沢)
開催期間 2023年5月18日(木)~5月20日(土)
10:00~17:00
会場 石川県産業展示館(金沢市)
NSKブースNo. 4号館 No.051
公式サイト https://www.tekkokiden.jp/mex/ New Window

NSKについて

NSKは、1916年に日本で最初の軸受(ベアリング)を生産して以来、100年にわたり軸受や自動車部品、精機製品などのさまざまな革新的な製品・技術を生み出し、世界の産業の発展を支えてきました。1960年代初頭から海外に進出し、現在では30ヶ国以上に拠点を設け、軸受の分野で世界第3位、また電動パワーステアリング、ボールねじなどにおいても世界をリードしています。

企業理念として、MOTION & CONTROL™を通じて円滑で安全な社会に貢献し、地球環境の保全をめざすとともに、グローバルな活動によって、国を越えた人と人の結びつきを強めることを掲げています。2026年に向けてNSKビジョン2026「あたらしい動きをつくる。」を掲げ、世の中の期待に応える価値を協創し、社会への貢献と企業の発展の両立を目指していきます。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。