6年連続で「健康経営優良法人2023~ホワイト500~」に認定

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長・CEO 市井 明俊、以下NSK)は、優良な健康経営を実践している企業として、6年連続で上位500法人のみに贈られる「健康経営優良法人2023(大規模法人部門)~ホワイト500~」に認定されました。

健康経営優良法人2023~ホワイト500~

NSKの健康経営について

NSKは、多様な人材確保と活躍、個々の挑戦と成長意欲の喚起によって、人的資本の価値を最大限に引き出し、中長期的な企業価値の創出の実現を目指しています。この実現のためには、安全で健全な職場づくりが必要であり、従業員とその家族一人ひとりのこころとからだの健康は、会社の重要な財産であるとの方針のもと、健康経営を推進しています。

今後も健康経営推進室を中心にした推進体制で、活き活きとした職場づくりをはじめ、健康意識の向上、疾病未然予防、メンタルヘルス不調の防止、禁煙への支援など、「こころ」と「からだ」の健康保持や増進について、積極的、計画的、継続的に、取り組んでいきます。

NSKの健康への取り組みの詳細は、サステナビリティ情報サイト “ 安全・健康・働き方(いきいきと働き続ける職場づくり) ” をご覧ください。

「健康経営優良法人2023大規模法人部門(ホワイト500)」について

経済産業省が行っている認定制度で、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している法人がこの健康経営優良法人の認定を受けています。

詳細については、経済産業省のホームページ“ 健康経営優良法人認定制度 New Window ”をご覧ください。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。