「第25回 関西機械要素技術展」に出展

  • 「あたらしい動きをつくる。」をテーマに生産現場の課題を解決する製品・サービスをご紹介

日本精工株式会社(以下、NSK)は、2022年10月5日(水)~7日(金)にインテックス大阪(大阪市)で開催される「第25回 関西機械要素技術展」に出展します。

NSKブース
ブース紹介動画 https://youtu.be/_SvB0TnDmrE New Window

主な出展品

協働ロボット用アクチュエータ

高精度な検知で衝突を緩和するアクチュエータユニット。人やモノとの衝突時の負荷トルクを高精度で検出し、衝突時の衝突力緩和を実現。協働ロボットに求められる安全・安心を叶えます。

※横浜国立大学と共同開発中。

協働ロボット用アクチュエータ
バイオマスプラスチック保持器

転がり軸受用としては世界初の100%バイオマスプラスチック由来の耐熱樹脂保持器を開発。植物由来の資源を使用することにより、CO2排出量を削減可能です。

バイオマスプラスチック保持器
NSKリニアガイド™ 用潤滑ユニットNSK K1-L

新開発の材料によって潤滑油供給期間が現行比約2倍に向上。レールとの接触構造を改良し、動摩擦力を約20%低減。機械の更なる長期メンテナンスフリー化に貢献します。

NSKリニアガイド 用潤滑ユニットNSK K1-L

この他、NSKブースでは、以下の体験型展示を行ないます。

  • ワイヤレス振動診断器、Click!Speedy™ 、軸受組立体験コーナー

実施概要

展示会名 第25回 関西機械要素技術展
会場 インテックス大阪(大阪府大阪市)
開催期間 2022年10月5日(水)~10月7日(金)
NSKブースNo. 5号館 ブース No. 22-39
公式サイト 関西 機械要素技術展|関西ものづくりワールド
(manufacturing-world.jp)
New Window width=10 height=9

NSKについて

NSKは、1916年に日本で最初の軸受(ベアリング)を生産して以来、100年にわたり軸受や自動車部品、精機製品などのさまざまな革新的な製品・技術を生み出し、世界の産業の発展を支えてきました。1960年代初頭から海外に進出し、現在では31ヶ国に拠点を設け、軸受の分野で世界第3位、また電動パワーステアリング、ボールねじなどにおいても世界をリードしています。

企業理念として、MOTION & CONTROL™を通じて円滑で安全な社会に貢献し、地球環境の保全をめざすとともに、グローバルな活動によって、国を越えた人と人の結びつきを強めることを掲げています。2026年に向けてNSKビジョン2026「あたらしい動きをつくる。」を策定、世の中の期待に応える価値を協創し、社会への貢献と企業の発展の両立を目指していきます。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。