令和3年度「安全優良職長厚生労働大臣顕彰」を受賞

日本精工株式会社(以下、NSK)は、当社ステアリング&アクチュエータ技術センター(群馬県前橋市鳥羽町)に勤務する従業員が、厚生労働大臣より、令和3年度「安全優良職長厚生労働大臣顕彰」を受賞したことをお知らせいたします。本センターでの受賞は、2017年に続き2度目となります。

本賞は、優れた技能と経験を持ち、担当する現場や部署で作業の安全を確保し優良な成績を挙げた職長に贈られます。令和3年度は全国110名、群馬県内からは当社従業員を含む4名が受賞しました。

受賞者:唐澤 淳一(写真真ん中)/顕彰状
唐澤(写真右から3人目)と職場のメンバー 唐澤(写真右から3人目)と職場のメンバー

自動車事業本部 自動車技術総合開発センター
ステアリング&アクチュエータ技術センター
ステアリング評価試験部 副主務 唐澤 淳一の喜びの声

この度、栄誉ある顕彰を頂き、誠に光栄に存じます。

これも上司や諸先輩のご指導、また同僚の皆様の高い安全意識のお陰です。

今後も顕彰を頂けるよう、一緒に働くメンバー、そのご家族の幸せを守るためにも、無災害および5S活動を継続させたいと思います。関係者の皆様、ありがとうございました。

      「安全優良職長厚生労働大臣顕彰」については、

厚生労働省 報道発表資料「令和3年度「安全優良職長厚生労働大臣顕彰」受賞者を決定しました」New Window

    をご覧ください。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。