NSKの共同研究成果に関する論文が学術誌「Scientific Reports」に掲載

日本精工株式会社(以下、NSK )と公益財団法人 実験動物中央研究所(神奈川県川崎市、以下、実中研)の共同研究成果について、Springer Nature社が刊行するオープンアクセス電子ジャーナル誌「Scientific Reports」で6月3日付に掲載されました。

NSKは、長年培った軸受やボールねじ、およびメカトロ製品の技術を応用して、顕微鏡視野下で微細な操作を行うマニピュレーションシステムを開発しました。 これまでNSKは実中研と共同研究を行い、バイオ関連の研究に使用する中で、一連の操作を自動化するプロセスを実現しています。今回、世界初となるその研究成果を、論文で発表しました。

今後、バイオ・医療分野において、世の中の期待やニーズに応える新しい価値を異分野・異業種との協働で、よりスピーディに創造し、人が担っている作業に高度な再現性や自律性も持つ新しい機能・性能を付加したシステムを実現することで、新たな研究成果創出や、新たな分野の産業化へ貢献してきたいと考えています。

著者 Eto T, Ueda H, Ito R, Takahashi T, Watanabe T, Goto M, Sotomaru Y, Tanaka N, Takahashi R.
論文テーマ Establishment of an integrated automated embryonic manipulation system for producing genetically modified mice.
掲載誌 Scientific Reports. 2021 Jun 3;11(1):11770. doi:10.1038/s41598-021-91148-9. PMID:34083640.
ウェブサイト https://www.nature.com/articles/s41598-021-91148-9 New Window

研究成果

NSKの微細位置決め制御技術を応用したマニピュレーションシステムに画像処理技術を融合した新規システムを実現し、サンプルの狙った場所へDNA溶液注入操作の完全自動化を実現。

熟練者の手技の操作を再現した自動化システムを実現し、同等以上の作業効率、操作したサンプルの低ダメージな動作を実現。

自動化システムにより操作したサンプルは狙い通りの遺伝子が導入できたことを証明。

本システムで得られた成果や確立した技術は、今後、さまざまなバイオ・医療分野の発展に貢献することが期待されています。

マニピュレーションシステム
マニピュレーションシステム

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。