子どもから大人まで参加いただけるLGBTイベントを開催

子どもも大人も一緒に考えよう!
~ちがいを大切にするってどんなこと?LGBTから考える多様性~

日本精工株式会社(以下、NSK)は、社員一人ひとりの能力・特性を最大限に活かせる、働きがいのある職場環境づくりを進めています。その一環として、LGBTなど性的少数者である従業員も働きやすい企業風土を作るため、様々な施策を展開しており、今回、認定NPO法人ReBitと共催で、社員、家族や一般の方も参加頂けるイベントをオンラインで開催します。

子どもも大人も一緒に考えよう!

わたしたちは、それぞれに「ちがい」を持っています。例えば、障がい、特性、国籍、価値観や経験、どんな性のあり方をしているか、なにが好きか、などなど。

普段の生活の中で、どんな「ちがい」と共に過ごしているでしょうか?そして、どんなふうにその「ちがい」を大切にしていけるでしょうか?今回は、現役の小学校の先生がつくった絵本「りつとにじのたね」を題材に、学校などで1100回以上LGBTや多様性についての授業を開催する認定NPO法人ReBitが、オンラインイベントを行います。

子どもも大人も大歓迎!一緒に自分・相手のちがいをどのように大事にできるか考えましょう!

イベント概要

イベント名 子どもも大人も一緒に考えよう!
~ちがいを大切にするってどんなこと?LGBTから考える多様性~
開催日時 2021年3月30日(火) 13:00~14:00
開催方法 オンライン(ZOOMウェビナー)
募集人数 最大200名(先着)
対象 NSKグループ従業員、NSKグループ従業員の家族、一般の皆様
参加費 無料
参加申込み 認定NPO法人ReBitホームページ New Window

 

※申込受付確認の返信メールに当日の接続先URLが記載されています。

NSKの多様性を活かした企業風土をつくるための、LGBT関連施策に関する取り組み

トランスジェンダー支援のためのガイドライン「トランスジェンダーも働きやすい環境づくりに向けたガイドライン」を2019年4月に発行しました。

またLGBT支援を行うALLY(アライ) * を増やすための活動として、オリジナルのALLYステッカーを作成し、取り組みの趣旨を理解し、支援をしたいと思っている従業員が身の回りのものにステッカーを貼ることで、支援者を増やす活動を行っています。

*:ALLY(アライ):LGBTの置かれた状況を理解し、自分ごととして行動できる支援者・仲間のこと

LGBT関連施策に関する取り組み

NSKについて

NSKは、1916年に日本で最初の軸受(ベアリング)を生産して以来、100年にわたり軸受や自動車部品、精機製品などのさまざまな革新的な製品・技術を生み出し、世界の産業の発展を支えてきました。1960年代初頭から海外に進出し、現在では30ヶ国に拠点を設け、軸受の分野で世界第3位、また電動パワーステアリング、ボールねじなどにおいても世界をリードしています。

企業理念として、MOTION & CONTROL™を通じて円滑で安全な社会に貢献し、地球環境の保全をめざすとともに、グローバルな活動によって、国を越えた人と人の結びつきを強めることを掲げています。2026年に向けてNSKビジョン2026「あたらしい動きをつくる。」を掲げ、世の中の期待に応える価値を協創し、社会への貢献と企業の発展の両立を目指していきます。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。