「電動射出成形機用ボールねじ 耐久試験機1号機」がトライボロジー遺産に認定

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長・CEO 内山俊弘、以下NSK)の「電動射出成形機用ボールねじ 耐久試験機1号機」がトライボロジー技術の発展への貢献が認められ、一般社団法人日本トライボロジー学会※1より、トライボロジー遺産※2に認定されました。

射出成形機の樹脂を押し出す送り駆動は、重荷重を受けるため油圧駆動の使用が一般的でしたが、1980年代以降は省エネや環境保護の面から電動化のニーズが高まっていました。さらに樹脂を押し出す際の制御や操作性の良さ、メンテナンスの簡易性に優れることも、射出成形機の油圧駆動から電動化への動きを加速させました。

電動射出成型機の送り駆動に使われるボールねじは、極めて大きな荷重を受け、さらに小ストローク運転で使用されるため、潤滑も含め、ボールねじの耐久性が課題でした。本試験機は、ボールねじの耐久性向上を図るために1990年に製作したもので、試作品の評価から改良までが行えるようになり、その後の電動射出成形機の性能向上及び産業機械の電動化の発展に貢献をしました。

電動射出成形機向けの製品については産業別情報「射出成形機」をご覧ください。

NSKは、世界トップレベルの技術力によって、今後も安全性、快適性、環境にやさしい社会の実現、産業の発展に貢献していきます。

※1:(社)日本トライボロジー学会: 1956年にトライボロジー(相対運動しながら互いに影響を及ぼしあう2つの表面の間におこるすべての現象を対象とする科学技術)に関する技術の向上を目的に設立された。

※2:科学と技術の発展の歴史において、重要な貢献をしたトライボロジーに関係する技術や事物を発掘し保存するために、『トライボロジー遺産』として認定し、情報発信と顕彰を行なうことを目的とした賞。

NSKの転がり軸受第1号設計図は、本遺産の第1号に認定されています。

日本トライボロジー学会のウェブサイト:一般社団法人 日本トライボロジー学会 New Windowをご覧ください。

富山一級水系水質汚濁対策連絡化協議会から優良団体として表彰
電動射出成形機用ボールねじ 耐久試験機1号機
富山一級水系水質汚濁対策連絡化協議会から優良団体として表彰
日本トライボロジー学会 トライボロジー遺産 記念盾

NSKについて

NSKは、1916年に日本で最初の軸受(ベアリング)を生産して以来、100年にわたり軸受や自動車部品、精機製品などのさまざまな革新的な製品・技術を生み出し、世界の産業の発展を支えてきました。1960年代初頭から海外に進出し、現在では30ヶ国に拠点を設け、軸受の分野で世界第3位、また電動パワーステアリング、ボールねじなどにおいても世界をリードしています。

企業理念として、MOTION & CONTROL™ を通じて円滑で安全な社会に貢献し、地球環境の保全をめざすとともに、グローバルな活動によって、国を越えた人と人の結びつきを強めることを掲げています。2026年に向けてNSKビジョン2026「あたらしい動きをつくる。」を掲げ、世の中の期待に応える価値を協創し、社会への貢献と企業の発展の両立を目指していきます。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。