令和元年度「なでしこ銘柄」に選定

~ダイバーシティ経営や女性活躍推進の取り組みが評価~

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長・CEO 内山俊弘、以下NSK)は、2020年3月3日、女性活躍推進に優れた企業として、経済産業省と東京証券取引所が共同で選定する令和元年度「なでしこ銘柄」に選ばれました。

なでしこ銘柄

NSKでは、ダイバーシティは未来を切り開く競争力の源泉と位置づけています。ダイバーシティ&インクルージョンの中でも、女性活躍推進は、重要な経営課題の一つとして、女性比率の向上や女性が働ける職域を広げる取り組みを積極的に進めています。また、人数や職域だけでなく、マネジメント層の人材や価値観の多様化への布石として、管理職候補(係長)層や、係長候補層にあたる女性従業員を対象に、意識開発と能力開発を目的とした研修を実施しています。NSKは、今後もダイバーシティ推進を通じて、社員一人ひとりが能力・特性を最大限に活かし、発揮できるような企業風土・職場環境づくりを整備していくことで、多様な人材が活躍できるダイバーシティ経営を目指します。

NSKの主な施策

  • 従業員全体のダイバーシティの理解を促進させるとともに、多様な従業員が活躍できる柔軟な働き方の取り組み(テレワークなど)
  • 女性の意識改革と能力開発を目的とした研修
  • 育児休業後の復職支援セミナーなどのキャリア支援策
  • コアなしフレックスタイム勤務や祝日稼働日の社内保育サービスなど、両立支援策の実施
  • 様々なテーマを題材とした講演会やe-ラーニングの実施

なでしこ銘柄とは

なでしこ銘柄は、「女性活躍推進」に優れた上場企業を「中長期の企業価値向上」を重視する投資家にとって魅力ある銘柄として紹介することを通じて、企業への投資を促進し、各社の取り組みを加速化していくことを狙いとして、2012年度より経済産業省と東京証券取引所が共同で選定しています。

NSKについて

NSKは、1916年に日本で最初の軸受(ベアリング)を生産して以来、100年にわたり軸受や自動車部品、精機製品などのさまざまな革新的な製品・技術を生み出し、世界の産業の発展を支えてきました。1960年代初頭から海外に進出し、現在では30ヶ国に拠点を設け、軸受の分野で世界第3位、また電動パワーステアリング、ボールねじなどにおいても世界をリードしています。

企業理念として、MOTION & CONTROL™ を通じて円滑で安全な社会に貢献し、地球環境の保全をめざすとともに、グローバルな活動によって、国を越えた人と人の結びつきを強めることを掲げています。2026年に向けてNSKビジョン2026「あたらしい動きをつくる。」を掲げ、世の中の期待に応える価値を協創し、社会への貢献と企業の発展の両立を目指していきます。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。