藤沢工場桐原棟増築部の竣工式を開催

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長・CEO 内山俊弘、以下NSK)は、10月5日に藤沢工場桐原棟増築の竣工式を開催しました。今回の増築により、風力発電や鉄道車輌、鉄鋼設備など、様々な産業向けの大形軸受の生産を拡充します。最新設備を導入し、生産性向上と製品の安定供給を図り、世界中の産業機械の高度なニーズに応えていきます。

藤沢工場桐原棟

NSKは、神奈川県藤沢市内において、神明地区と桐原地区で産業機械向けの高品質な軸受を生産しています。今回、事業継続計画(BCP)の一環として桐原棟の増築を行い工場の面積を倍増させ、神明地区から一部設備の移転を行います。

最新の自動化生産設備や無人搬送機などを活用し、生産性の大幅な向上、さらには生産のリードタイムの短縮を実現しています。

藤沢工場桐原棟は、再生可能エネルギー向けなど環境保全に貢献する製品を生産しているほか、生産活動における環境負荷低減に向けた取り組みなどが評価され、神奈川県の企業立地支援事業「セレクト神奈川100 New Window」に認定されています。

内山社長挨拶

NSK社長の内山は、関係各者への感謝と共に、「環境に配慮した桐原棟が、藤沢の地に根付く存在となるよう期待している。また今回の増築で、風力発電や鉄道車両、鉄鋼など、様々な産業向けの軸受の生産を拡充していく。」と述べました。

工場概要

藤沢工場桐原棟
所在地 神奈川県藤沢市桐原町12番地
増築及び設備増強の投資額 約50億円
製造品目 風力発電機、鉄道車両、鉄鋼設備、建設機械、産業用ロボットなど向けの大形軸受
増築部・工場規模 建築面積:約12,000m2

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。