自動車用エンジン向け「低トルク タペットローラ軸受」を開発

>~ 特殊熱処理による長寿命化で小型・軽量化、低トルク化を実現 ~

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)は、自動車用エンジン向けに「低トルク タペットローラ軸受」を開発しました。本製品は、特殊熱処理を採用しタペットローラ軸受の長寿命化を実現し、軸受容量がアップすることにより、軸受の小型・軽量化を実現しました。NSKは本製品により、自動車の低燃費化に貢献し、2016年に15億円の売上を目指します。

自動車用エンジン向け「低トルク タペットローラ軸受」

開発の背景

近年の環境意識の高まりから、自動車には更なる燃費改善が求められており、なかでもエンジンにおいては、小型・軽量化や損失トルク低減など燃費改善に向けて、従来注目されなかったエンジン周りの部品の改善、可変バルブタイミング機構の導入など、一層の高効率化が追究されています。本製品は、以下の優れた特長により、エンジンの高効率化に貢献します。

技術の特長

特殊熱処理による転がり疲れ寿命の向上
タペットローラ軸受のころ及び軸に特殊熱処理を施すことにより、従来の2倍以上の長寿命化が実現しました。その結果、同じ軸受寿命では、従来比約20%の軽量化を実現しました。
小型・軽量化による低トルク化の実現
長寿命化技術を活用した小型・軽量化により、軸受単体で従来比30%~40%の低トルク化を実現しました。

製品の効果

  • エンジンの小型・軽量化により、自動車の燃費改善に貢献します。
  • エンジンの小型・軽量化により、最新のエンジンテクノロジーである「可変バルブ機構」導入時などエンジン周りの限られたスペースでの部品点数増加を可能にします。
タペットローラ軸受とは
タペットローラの機能
開発背景
まとめ

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。