トランスミッション用「リテーナープレート付き玉軸受」を開発

~ トランスミッションの小型・軽量化に貢献 ~

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下NSK)は、トランスミッションの全長を従来に比べて短縮できる「リテーナープレート*付き玉軸受」を開発しました。

NSKは、燃費向上に貢献する高機能製品として、本製品の拡販を図り、2015年に本製品の売上10億円以上を目指します。

*リテーナープレート: 軸受をトランスミッションケースに固定する部品
トランスミッション用「リテーナープレート付き玉軸受」

 

近年、一層の低燃費化のため、トランスミッションの小型化が求められております。今回、NSKが開発した「リテーナープレート付き玉軸受」は、従来製品に比べて、全長を約4mm短縮し、トランスミッションの小型・軽量化を可能にすることで、燃費向上に貢献します。NSKは、本製品を新興国市場や欧州市場で需要が高いマニュアルトランスミッション(MT)車、そして燃費性能とスポーティな操作感を兼ね備え欧州などで人気が高いデュアルクラッチトランスミッション(DCT)向けに拡販を図ります。また、本製品はNSKのグローバルな生産拠点から世界各地の需要地にタイムリーに供給可能です。

【製品の特長】

トランスミッションの小型・軽量化に貢献
本製品は軸受外輪とリテーナープレートを一体化することにより、トランシミッションの全長を4mm短縮することを可能にしました。
作業性の向上
リテーナープレートの加締が不要なため、簡単に軸受に組付けることが可能です。また、トランスミッションへの組み立てにおいては、リテーナープレートが軸受に対して回転するため、ケースへの取り付け自由度も向上させることができました。

NSKは、トランスミッション内部に使用される軸受として、ギヤ粉などの異物の侵入を抑制するシールを装着し、飛躍的な長寿命化と信頼性を実現した「密封クリーン玉軸受」や「HTF玉軸受」を投入し、国内外の主要カーメーカーに幅広くご採用頂いております。NSKは、今後も90年以上に亘って培った4つのコアテクノロジー(トライボロジー、材料、解析、メカトロ技術)により、自動車の小型・軽量・低トルク化を実現し、自動車の燃費を向上する製品の開発を進めていきます。

NSKのMT/DCT用軸受戦略製品

NSKのMT/DCT用軸受戦略製品

MT/DCT用玉軸受の固定方法

MT/DCT用玉軸受の固定方法

開発品の特長― 1. 小型・軽量化

従来品に比べ、トランスミッションの小型・軽量化が可能

開発品の特長― 2. スムーズな回転

開発品の特長― 2. スムーズな回転

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。