NSKが中国におけるR&D法人 恩斯克(中国)研究開発有限公司で起工式

日本精工株式会社(本社/東京都品川区 取締役 代表執行役社長 朝香聖一、以下NSK)は、2008年7月8日、中国における研究開発法人 恩斯克(中国)研究開発有限公司(江蘇州昆山市、以下NSK中国R&D)の新社屋の起工式を行いました。式典には、NSK代表執行役社長 朝香聖一、NSK代表執行役副社長 町田尚、 執行役常務 投資有限公司(以下中国NSK) 総経理 高橋伸一郎のほか、地元行政関係者をはじめとする多数の来賓が出席しました。新社屋の竣工は2009年夏の予定です。

恩斯克研究開発有限公司起工式

NSKは成長著しい中国市場においても、日本国内と同様に軸受トップメーカーとしてシェアNo.1の地位を維持し、さらに強固なものにするため、中国において生産、販売、技術体制の強化を進めております。NSKは中国でのビジネスのスピードアップを図り、2010年には中国での事業規模を1,000億円まで拡大する予定です。

NSKは2003年12月に、中国における技術拠点を同国の主力生産拠点である昆山NSK有限公司(上海市近郊)の中の一部門として設立しました。現在、中国技術部の65名が、主に玉軸受の実験や評価などの技術サポートを行っております。

NSKは中国市場の成長に伴い、今後、全製品(軸受、自動車関連製品、直動製品)に関する基礎研究から技術サポートまでをカバーし、中国独特の市場ニーズに応えます。このため中国技術部を、新たに設立する独立した研究開発法人に移すとともに、2011年には約300名まで増員します。

中国研究法人概要
社名 恩斯克(中国)研究開発有限公司
NSK(CHINA) RESEARCH AND DEVELOPMENT CO., LTD.
法定代表人 NSK執行役常務、董事長 兼 総経理 高橋伸一郎
所在地 江蘇省昆山市花橋国際商務城(上海市近郊)
土地面積 約30,000m2
建物面積 事務棟:約10,000m2 (7階建)
実験場:約6,000m2 (2階建)
資本金 2,000万ドル (約22億円)
投資額 44億円 (2011年まで)
竣工 2009年 夏
従業員数 約300名 (2011年時点)
活動内容 基礎研究・応用研究 / 開発・設計 / 調査分析
生産技術の研究・開発
顧客・ユーザーに対する技術サポートの提供

 

NSKの中国市場への取り組み

NSKは、1960年代から中国のベアリングメーカーに技術指導を行い、1995年には昆山NSK有限公司(上海市近郊)を設立し、電機用の玉軸受の生産を開始しました。現在では、中国国内の9工場で、軸受や自動車関連製品など、多種・多品種を生産しております。NSKは中国全土に11ヶ所の販売拠点(香港含む)を展開しており、中国でのシェアはNo.1です。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。