クリープフリー軸受™を開発

~ 耐クリープ力、信頼性、耐油性を飛躍的に向上、モータのメンテナンス期間延長、組立て性向上に大きく貢献 ~

NSKは、クリーンルーム用ファンモータやポンプ用モータに広く使われているクリープ防止軸受の耐クリープ力、信頼性、耐油性を飛躍的に向上させた「クリープフリー軸受」を開発し、サンプル出荷を開始しました。

クリープフリー軸受

ファンモータやポンプ用モータ等で使用される軸受は、モータ組立て上の制約から、外輪とハウジング間をすきまばめ*1で使用されることが多く、軸受に偏心荷重*2が負荷された場合、条件によっては軸受とハウジング間でクリープと呼ばれるすべり現象が発生し、摩耗により軸受寿命を低下させる可能性がありました。特に、最近ではモータ軽量化のためアルミニウム製ハウジングの使用が増加しております。アルミニウムは従来の鋳鉄製ハウジングと比較すると熱膨張量が大きいため、軸受とハウジング間のすきまが増大し、クリープが起こりやすくなります。このため、クリープ防止が強く望まれています。

今回NSKはこのニーズにお応えし、以下の優れた特長を持つ「クリープフリー軸受」を開発、サンプル出荷を開始しました。

*1 すきまばめ: 軸受と、軸やハウジングとの間にすきまが存在して装着された状態
*2 偏心荷重: 回転軸に対して方向が変化するラジアル(半径方向)荷重

【製品の特長】

耐クリープ力を 20% 以上(当社比)向上
OリングやOリングを装着する外輪外径部のみぞ寸法を見直し、Oリングの弾力・反発力を適正化することで、クリープ防止軸受の基本性能である耐クリープ力を当社比で 20% 向上させました。
高温(120℃)での耐クリープ性向上により、モータ用軸受のメンテナンス期間延長に貢献
Oリング材料(ゴム)組成の見直しにより、高温環境下でのOリングの永久ひずみ量を当社比で1/5に低減し、高温下でも安定した耐クリープ力を維持することができます。モータ用軸受のメンテナンス期間延長が可能となります。
高音環境下での信頼性向上
Oリングのへたり低減
耐油性の向上により、組立て時に軸受外径に塗布する油脂の選択肢が拡大
エステル系油脂に対する耐油性を7倍に向上させたOリング材料の採用により、モータ組立て時に軸受外径又はハウジング内径に塗布する油脂について、鉱油系だけでなくエステル系油脂も使用可能としました。お客様での組立て時の作業性向上に貢献します。
Oリングの耐油性を向上

本製品について詳しくお知りになりたい方はこちら

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。