高精度・長寿命ボールねじ

表面改質技術で摩耗を低減。機械のメンテナンスサイクルを延長。

溝の転走面にNSK独自の表面改質技術を用いたボールねじです。それにより、ボールねじの摩耗が抑制され、機械の長期安定稼働が可能となり、機械のメンテナンス期間が延長されます。

プレスリリース
高精度・長寿命ボールねじ

特徴

1

油膜形成能力の向上により、金属同士の接触による摩耗を抑制。特に、油膜が形成されにくい低速・小ストローク運転などの条件においてその効果を発揮。

2

ボールねじの精度寿命を長期に維持できることで、機械の長期安定稼働が可能となり、機械のメンテナンス期間を延長。

3

油膜形成能力の向上により、現行品と比較して最大40%の動摩擦トルクを低減。機械の消費エネルギー削減に貢献。

構造・原理

NSK独自の表面改質技術により、転走面に微小なディンプルを形成し、油膜形成能力を向上しました。

NSK独自の表面改質技術

低速運転前後の予圧トルク回転速度:1 min-1 オイル潤滑

低速運転前後の予圧トルク

小ストローク摩耗試験結果ストローク:1.6mm グリース潤滑

小ストローク摩耗試験結果

動摩擦トルクと回転速度の関係オイル潤滑

動摩擦トルクと回転速度の関係