女性エンジニアによる「夏のリコチャレ 2019」の開催

~「ものづくりの仕事を体験する」エンジニア体験会~

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長・CEO 内山 俊弘、以下NSK)は、8月22日(木)に、エンジニアリングやものづくりに関心がある女子学生(高校生、大学生)を対象とした「夏のリコチャレ(理工チャレンジ)2019」を開催します。

ものづくりの仕事とベアリングのアクセサリーづくりを体験
ものづくりの仕事とベアリングのアクセサリーづくりを体験

「リコチャレ」とは、理工系分野に興味・関心のある女子学生の進路選択を支援するために、内閣府男女共同参画局や文部科学省、日本経済団体連合会などが中心となって行っている取り組みです。NSKは、この「リコチャレ」に応援団体として参加しています。

大好評をいただいた昨年度に引き続き開催する「ものづくりの仕事を体験する」エンジニア体験会では、リバースエンジニアリング*や女性エンジニアとの座談会のほか、NSKの主要製品であるベアリングを組立て、それを使ったチャームづくりなどを実施します。学生の皆さんに「ものづくりの面白さ」を広く知ってもらうプログラムです。

*:機械の分解や製品の動作観察を通して、製品の構造を分析し、そこから製造方法や動作原理、設計図などの仕様などを調査すること。

イベント概要

名称 夏のリコチャレ2019「ものづくりの仕事を体験する」エンジニア体験会
対象 エンジニアリングやものづくりに関心がある高校1年~修士1年の女子学生
募集人数 20名程度
日時 2019年8月22日(木) 13:00~16:30
場所 日本精工株式会社(NSK)技術開発センター(藤沢工場敷地内)
神奈川県藤沢市鵠沼神明1-5-50
エントリー http://www.nsk.com/jp/career/rikoChallenge.html

NSKの次世代育成支援活動

NSKは、「科学技術の振興」、「次世代の育成」、「地域との共存共栄」を社会貢献活動の重点分野と位置付け、研究機関への助成や奨学金の給付、インターンシップの受け入れなど、幅広い活動を実施しています。この一環として、子ども達に「科学」を身近に感じ、興味を持ってもらうために、工場見学会や科学教室などの体験型プログラムを開催しています。

現在、日本国内においては理工系分野を目指す女性が少ないことが課題となっています。NSKは内閣府男女共同参画局が推進している「リコチャレ(理工チャレンジ)」に賛同し、理工系分野に興味・関心のある女子学生のチャレンジを応援していきます。

NSKについて

NSKは、1916年に日本で最初の軸受(ベアリング)を生産して以来、100年にわたり軸受や自動車部品、精機製品などのさまざまな革新的な製品・技術を生み出し、世界の産業の発展を支えてきました。1960年代初頭から海外に進出し、現在では30ヶ国に拠点を設け、軸受の分野で世界第3位、また電動パワーステアリング、ボールねじなどにおいても世界をリードしています。

企業理念として、MOTION & CONTROL™を通じて円滑で安全な社会に貢献し、地球環境の保全をめざすとともに、グローバルな活動によって、国を越えた人と人の結びつきを強めることを掲げています。2026年に向けてNSKビジョン2026「あたらしい動きをつくる。」を掲げ、世の中の期待に応える価値を協創し、社会への貢献と企業の発展の両立を目指していきます。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。