「MEX金沢2019」に出展

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長・CEO内山 俊弘、以下NSK)は、2019年5月16日(木)~5月18日(土)に石川県産業展示館(金沢市)で開催される「MEX金沢2019(第57回機械工業見本市金沢)」に出展します。

NSKブースイメージ
NSKブースイメージ

出展コンセプト

『技あり-MORE THAN PRECISION-』をテーマに、ただ高品質なだけではない、お客様の課題解決に総力で対応する、NSKの製品やサービスを多数展示します。技術者のみならず学生など、普段NSK製品を目にする機会がない多くの方々に、楽しく、分かりやすく軸受の基礎を学んでいただける趣向を凝らした展示をしています。

主な出展品

新開発保持器SURSAVE™採用工作機械主軸用アンギュラ玉軸受

  • 保持器の回転中の遠心力による振れ回りを抑制・低振動化し、高速回転時の非同期回転振れ(NRRO)値で従来比最大1/2を実現。
  • 高速回転時の発熱を従来比最大20%低減。
  • 高速性を従来比20%向上し、dmn300万(オイルエア潤滑時)の超高速域に対応可能。

⇒工作機械の加工能力と環境性能の向上に貢献します。

バリオリンク アクチュエータ

高精度・長寿命ボールねじ

  • NSK独自の表面改質技術により低速、小ストロークの繰返しで発生しやすい摩耗を低減し、精度寿命を向上しました。
  • 機械のメンテナンスサイクルを延長し、安定したパフォーマンスを実現します。

⇒工作機械の加工能力向上と省力化に貢献します。

高防塵V1シール、V1アンダーシール付きローラガイド

  • シールリップ形状の最適化により、高い防塵性能と低摩擦を両立しました。
  • 耐摩耗に優れたシール材料を採用し、長期にわたる高い防塵性能を発揮します。

⇒工作機械の加工能力と省力化の向上に貢献します。

ホイールハブモーターフィット

展示会概要

展示会名 MEX金沢2019(第57回機械工業見本市金沢)
開催期間 2019年5月16日(木)~5月18日(土)
10:00~17:00
会場 石川県産業展示館(金沢市)
NSKブースNo. 4号館 No.089
公式サイト http://www.tekkokiden.or.jp/mex New Window

NSKについて

NSKは、1916年に日本で最初の軸受(ベアリング)を生産して以来、100年にわたり軸受や自動車部品、精機製品などのさまざまな革新的な製品・技術を生み出し、世界の産業の発展を支えてきました。1960年代初頭から海外に進出し、現在では30ヶ国に拠点を設け、軸受の分野で世界第3位、また電動パワーステアリング、ボールねじなどにおいても世界をリードしています。

企業理念として、MOTION&CONTROL™を通じて円滑で安全な社会に貢献し、地球環境の保全をめざすとともに、グローバルな活動によって、国を越えた人と人の結びつきを強めることを掲げています。2026年に向けてNSKビジョン2026「あたらしい動きをつくる。」を掲げ、世の中の期待に応える価値を協創し、社会への貢献と企業の発展の両立を目指していきます。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。