メガトルクモータ™ PS/PNシリーズ用ドライブユニットをリニューアル

~ドライブユニットEDD型リリースのご案内~

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長・CEO 内山 俊弘、以下NSK)は、メガトルクモータのドライブユニット(駆動装置)をリニューアルします。新しいドライブユニットEDD型(以下、EDD型)は、現行のドライブユニットであるEDC型(EDC型)と基本的に互換性を保っています。EDC型は2007年の発売以来、半導体製造装置や電子機器製造装置などの市場において信頼と実績を獲得しています。今回、発売するEDD型は内部の電子部品を刷新することで供給安定性を高めて、安全性や使いやすさを向上させています。

対象製品
〔現行製品〕メガトルクモータPS/PNシリーズ用ドライブユニットEDC型の機能標準型
〔後継製品〕メガトルクモータPS/PNシリーズ用ドライブユニットEDD型の機能標準型

※:CC-Link仕様とMECHATROLINK-III仕様は現行製品を継続します。

メガトルクモータ PS/PNシリーズ用ドライブユニット
メガトルクモータ PS/PNシリーズ用ドライブユニット

製品仕様

1. 現行製品との互換性
  • 外形寸法(取り付け寸法)は現行製品と同一です。
  • 位置決め指令方式と入出力信号も現行製品と同一の使用が可能です。
2. 安全性向上
  • 電源・モータケーブル接続部は誤挿入と抜け防止機能をもつコネクタに変更しました。
  • ※これに伴いケーブルセットが変更となります。
3. 使いやすさの向上
  • 電源電圧200~230[VAC](単相)と100~115[VAC](単相)が100~240[VAC](単相)に統合しました。
  • アナログ入力運転指令が標準装備され、速度制御・トルク制御での運転が可能です。
  • パルス列位置指令の入力信号の最大周波数が1[MHz]から2[MHz]に向上し、より速い回転速度での精密な位置決め運転が可能になりました。
  • 新しいアプリケーションソフト“EDDメガターム”とセットで使用できるUSB通信が追加されました。高速オシロスコープ、FFT機能が利用でき、編集・チューニング作業が行いやすくなっています。

販売予定

後継製品EDD型は、2018年秋から順次販売を開始しています。

現行製品EDC型/後継製品 EDD型

製品問い合わせ先

フリーダイアル:0120-446-040

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。