「JIMTOF2018 第29回日本国際工作機械見本市」に出展

~NSKのあたらしい動きが工作機械の未来を革新していきます~

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長・CEO内山 俊弘、以下NSK)は、2018年11月1日(木)~11月6日(火)に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「JIMTOF2018 第29回日本国際工作機械見本市」に出展します。

NSKは、工作機械に不可欠な4つの要素部品(精密軸受、ボールねじ、直動案内、スピンドル)を生産・開発している唯一のメーカーとして培った総合技術力をベースにきめ細かい販売・技術サービスで、お客様の期待にお応えしています。近年、工作機械分野では、IoT、スマートファクトリー、自動化(省人化)などによりさらなる高度化が進んでいます。NSKは、工作機械の発展に必要な項目として、今回は加工能力、環境性能、省力化、見える化を切り口とした工作機械の信頼性向上に貢献する技術を提案します。

ブースイメージ
ブースイメージ

出展コンセプト

『技あり』、『WAZA-ARI (MORE THAN PRECISION)』

NSKは、製品の精度や機能を極限まで追求することで、数々のイノベーションを起こしてきました。さらに、モノづくりの現場の課題を解決する「コトづくり」の発想を大切にし、多くのお客様に共感していただける技術や製品を生み出していきます。そのアイデアを確かなカタチへと変える独自の技術や手法、それこそが『技あり』、『WAZA-ARI (MORE THAN PRECISION)』です。NSKのあたらしい動きが、工作機械の未来を革新していきます。

『技あり』、『WAZA-ARI (MORE THAN PRECISION)』

主な出展品

1. 状態監視・診断ソフトウェア「ACOUS NAVI™ (アコースナビ)」

「ACOUS NAVI (アコースナビ)」は、NSKの永年にわたる軸受診断技術の実績をもとに開発されたソフトウェアです。このソフトウェアは、「ベテラン技術者の診断技術を誰でも簡単、スピーディに診断できるようにする」というコンセプトで開発しました。この状態監視・診断技術を予知保全のツールとして、お客様の課題解決に貢献していきます。

⇒工作機械の見える化に貢献します。

2. 新開発保持器SURSAVE™採用工作機械主軸用アンギュラ玉軸受

新開発保持器SURSAVE採用工作機械主軸用アンギュラ玉軸受
  • 高速回転時のNRRO(回転非同期振れ)を約50%低減しました。
  • 従来軸受に対し、トルクが 20% 低下し、低発熱・省エネに貢献します。
  • dmn 300万の高速回転を実現しました。

⇒工作機械の加工能力と環境性能の向上に貢献します。

3. 超高速エアタービン駆動 エアスピンドル

  • 高効率エアタービン駆動により、超高速回転 (最高回転速度120,000min-1)を実現しました。
  • 高精度エアベアリング設計による低NRRO (0.05μm)を実現しました。

⇒工作機械の加工能力の向上に貢献します。

4. 高精度・長寿命ボールねじ

高精度・長寿命ボールねじに差し替え
  • 転走面の表面改質技術によりボールねじの摩耗を抑制しました。
  • 精度寿命が向上し、機械のメンテナンスサイクルが延長されます。

⇒長期にわたる機械の安定稼動に貢献します。

5. 高防塵V1シール、V1アンダーシール付きローラガイド

高防塵V1シール、V1アンダーシール付きローラガイド
  • シールリップ形状の最適化により、高い防塵性能と低摩擦を両立しました。
  • 耐摩耗に優れたシール材料を採用し、長期にわたる高い防塵性能を発揮します。

⇒工作機械の加工能力と省力化の向上に貢献します。

6. 技術象徴展示 NSK HOOP

技術象徴展示 NSK HOOP

直角に交わる2軸のテーブルを使って、軸受に見立てたフープを回転させます。センサーを使わず機械要素のみで、フープを安定して回転させる、NSKの高い制御技術をご覧下さい。

出展概要

展示会名 JIMTOF2018 第29日本国際工作機械見本市
会場 東京ビッグサイト(東京国際展示場/東京都江東区)
開催期間 2018年11月1日(木)~11月6日(火)
9:00~17:00
NSKブースNo. 西2ホール No. W2027
公式サイト http://www.jimtof.org/jp/ New Window

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。