平成29年九州北部豪雨災害 義援金について

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長・CEO 内山 俊弘)は、平成29年7月5日以降に発生した、九州北部を中心とする豪雨災害により亡くなられた方々に心よりお悔やみ申し上げるとともに、被害を受けられた方々に謹んでお見舞い申し上げます。

日本精工グループとして、被災者支援と被災地復興支援のため、以下の義援金の寄付を行います。

支出元 日本精工株式会社
義援金 600万円
支出先 日本赤十字社(350万円)、朝倉市(250万円)
支出元 日本精工九州株式会社
義援金 250万円
支出先 朝倉市

上記義援金に加え、社員有志による社内募金も開始しました。また、日本精工九州株式会社は、復旧作業の大きな妨げとなっている流木の集積と粉砕処理の場として、同社敷地内グランドを一時的に提供しています。

被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。