創立100周年記念タイムカプセルの除幕式を開催

~NSKの「今」を25年後へ届けます。~

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 内山 俊弘、以下NSK)は、3月27日に、100周年記念タイムカプセルの除幕式を開催しました。藤沢地区・桐原地区の全社員が、NSKの未来の仲間に今を伝え、未来を語るものを収納したタイムカプセルは、創立125周年に開封されます。

創立75周年の1991年、NSKの全藤沢技術部員が、“個を超えて、今を越えて”*1を念頭に、「当時」を伝えるものを、軸受の鋼球をイメージして制作したタイムカプセルに封入し、100周年を迎えた2016年10月に開封しました。

そして今回、あらたに創立100周年を記念し、藤沢・桐原地区の各技術センター・工場では、そのカプセルを磨きなおして、25年後の会社、自分、後輩たちへ届けたいメッセージや、レガシーとして残したいものを封入しました。100周年を機に制定した「NSKビジョン2026 ~あたらしい動きをつくる。~」*2の実現に向けて、グローバルの社員が一体となって、あらたな一歩を踏み出していこうとの想いをこめ、カプセルには「あたらしい動きをつくる。」を19ヶ国語で刻印しました。

経営陣が参列して3月27日に開催された除幕式では、代表執行役社長 内山 俊弘が「変化のスピードは刻々と速まっている。飛躍的に変化を遂げるであろう25年後にタイムカプセルを開封した社員に、私たち格納した物が、どのような気付きを与えられるのかが楽しみだ。」と挨拶しました。

*1:“個を超えて、今を越えて”
NSK企業理念体系の行動指針より
*2:『NSKビジョン2026』
NSKが2016年11月8日に創立100周年を迎えるにあたり、2016年から10年後の2026年を一つの目安として、これからも社会に貢献し、持続的に成長できる企業になるために、NSKが中長期的に到達すべき姿を言葉で示したもの。
除幕を行う、代表執行役社長 内山 俊弘(右)と執行役専務 技術担当 荒牧 宏敏(左)/タイムカプセル

タイムカプセル封入品

25年後の未来予想、25年後の自分・後輩に向けた手紙、各部署にて選定した最先端製品など

* 創立75周年
将来の自分にあてたメッセージのほか、25年後のNSKおよび世界の生産技術レポート、当時を紹介するビデオテープなどを封入

創立100周年タイムカプセル制作委員会コメント

昨年、100周年を記念してタイムカプセルを開封した際、カプセルから出てきた研削盤の模型を見て、技術の進化のスピードを実感したとともに、当時の社員の想いに触れました。

25年後のNSKの社員が、今の私たちの想い、考え方、技術に触れ、原点に立ち返ることが出来れば嬉しいです。

100周年タイムカプセル制作委員会リーダー 酒井 克充
100周年タイムカプセル
制作委員会
リーダー 酒井 克充

 

NSKについて

NSKは、1916年に日本で最初の軸受(ベアリング)を生産して以来、100年におよぶ歴史の中で、軸受や自動車部品、精機製品などを開発・生産し、世界中の産業の発展を支えてきました。現在では、世界30カ国、210箇所のグローバルネットワークを展開しています。軸受に加えて、電動パワーステアリング(EPS)、ボールねじなどで世界有数のシェアを獲得しています。

NSKは、企業理念に示した“MOTION & CONTROL™”を事業活動の基盤とし、円滑で安全な社会に貢献し地球環境の保全をめざしています。今後も、部品メーカーの枠にとどまることなく、革新的なアイディアを具現化していきます。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。