「えるぼし」の最高位と、2度目の「くるみん」を取得

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 内山 俊弘、以下NSK)は、1月26日付けで女性活躍推進法に基づく優良企業認定「えるぼし」の最高位を、1月13日付けで次世代認定マーク「くるみん」を取得しました。

左:女性活躍推進法に基づく認定マーク「えるぼし」/右:次世代認定マーク「くるみん」
左:女性活躍推進法に基づく認定マーク「えるぼし」
右:次世代認定マーク「くるみん」

「えるぼし」認定は、本年4月施行の女性活躍推進法に基づき、5つの評価項目(「採用」「継続就業」「労働時間等の働き方」「管理職比率」「多様なキャリアコース」)において、取り組みの実施状況等が優良な企業に対して、厚生労働大臣が与えるもので、NSKは、全5項目を満たす最高位である3段階目の認定を取得しました。

「くるみん」認定は、次世代育成支援対策推進法に基づき、「一般事業主行動計画」を策定し、一定基準を満たした企業が、“子育てサポート企業"として厚生労働大臣より認定されるものです。今回の認定は、2014年に続き、2回目の認定となります。

NSKでは、社員一人ひとりの能力・特性を最大限にいかせる、働きがいのある職場環境づくりを進めています。今後もグローバルに「幅広い人材の活用」「いきいきと働ける環境づくり」「成長に資する機会と場の提供」に取り組み、従業員の多様なライフスタイルを認めることで、一人ひとりが能力を発揮できる職場作りに努めていきます。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。