ブラジルのサトウキビ産業展「第25回Fenasucro & Agrocana」に出展

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長・CEO 内山 俊弘、以下NSK)は、ブラジルのサンパウロ市郊外で開催されるサトウキビ産業の展示会、「第25回Fenasucro & Agrocana」に出展します。本展示会は、サトウキビ関連産業で国内最大規模になります。

ブラジルではサトウキビ関連の産業が盛んで、製糖はもちろん、エタノールエネルギーの精製など、幅広い産業が形成されています。また、これらの産業に使われる設備には多くの軸受が使われています。

NSKは、設備のコンパクト化、グリース、誘導ヒーター、軸受取り付けツールなど、幅広い製品や技術をご紹介いたします。これらの製品は、設備のコンパクト化、メンテナンス期間の延長、生産性や信頼性の向上などで、ブラジルのサトウキビ関連産業に貢献します。

ブースイメージ

 

出展製品

高機能標準軸受NSKHPS™ シリーズ
従来品に比べ、長寿命、高速回転、耐荷重アップを実現し、設備のコンパクト化やランニングコストの削減に貢献します。
高機能標準軸受 NSKHPSシリーズ

 

出展概要

展示会名 第25回Fenasucro & Agrocana
会場 Zanini イベントセンター
(ブラジル、サンパウロ市郊外セルタンジーニョ)
開催期間 2017年8月22日(火)~25日(金)
13:00~20:00
NSKブースNo. B35 (Hall B)
公式サイト http://www.fenasucro.com.br/en/Home/ New Window

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。