インドの工作機械展 「IMTEX 2017」に出展

~工作機械市場向けの新製品や新技術をメインに出展~

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 内山 俊弘、以下NSK)は、2017年1月26日(木)~2月1日(水)にインドのバンガロールで開催される工作機械展「Indian Metal-Cutting Machine Tool Exhibition(IMTEX) 2017」に出展します。

IMTEXは、今年で第18回目を迎えるインド最大規模の工作機械展で、2年に1度開催されています。NSKは工作機械の高機能高性能化に貢献する製品を幅広く出展します。

ブースイメージ

主な出展製品

1. 新保持器SURSAVE™(サーセイブ™)採用工作機械用超高速アンギュラ玉軸受
様々な用途で高い性能を発揮する新外輪案内保持器の採用により、低NRRO*、低発熱、高速性能を実現
* NRRO:回転振れ精度として1回転毎に繰り返しのない回転振れ
新保持器SURSAVE(サーセイブ)
2. 高信頼性単列円筒ころ軸受 ROBUSTRIDE™ (ロバストライド™)
組み込み工程の簡略化、グリース潤滑での信頼性向上を実現
高信頼性単列円筒ころ軸受 ROBUSTRIDE (ロバストライド)

出展概要

展示会名 IMTEX 2017
会場 バンガロール国際展示センター(インド バンガロール)
開催期間 2017年1月26日(木)~2月1日(水)
NSKブースNo. 6ホール D-164
公式サイト http://www.imtex.in/ New Window

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。