欧州の農業機械展「Agritechnica 2017」に出展

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長・CEO 内山 俊弘、以下NSK)は、2017年11月12日(日)~18日(土)にドイツのハノーバー国際見本市会場で開催される農業機械展「Agritechnica 2017」に出展します。

世界最大の農業機械展であるAgritechnicaは、国内外から2900を超える出展社が多くの新製品やイノベーションを発表し、業界のトレンドを見極める重要な場となっています。更に各社の出展のほか、論文発表やセミナー、19ヶ国のパビリオンなど、農業機械の最先端を体感できる展示会です。

NSKは農耕用トラクターの長寿命化に貢献するハブユニット軸受の他、さまざまな農業機械向け製品を展示します。

主な展示物

農耕用トラクター向けハブユニット軸受

農耕用トラクター向けハブユニット軸受
  • 高機能シールが泥や水の浸入を防止し、長寿命を実現
  • メッキされたハウジングとシールドで高い防錆性を実現
  • ディスクやアームに簡単に取り付けが可能

 

展示会概要

展示会名 Agritechnica 2017
テーマ イノベーション・グラウンドゼロ
会場 ハノーバー国際見本市会場 (ドイツ、ハノーバー市)
開催期間 2017年11月12日(日)~18日(土)
09:00 – 18:00
NSKブースNo. E44(ホール15)
公式サイト https://www.agritechnica.com/en/ New Window

 

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。