ブラジルの紙パルプ技術国際会議「ABTCP 2017」に出展

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長・CEO 内山 俊弘、以下NSK)は、2017年10月23日(月)~25日(水)にブラジル・サンパウロ市で開催される紙パルプ技術国際会議「ABTCP 2017」に出展します。

ブラジル紙パルプ技術協会が主催する第50回紙パルプ技術国際会議は、林業関係者の技術開発と企業間競争力の向上を目的として開催されます。NSKは同会議にゴールドスポンサーとして参加し、顧客のコスト削減に貢献する資産管理プログラム(AIP)を紹介します。

主な展示内容

資産管理プログラム「AIP」

資産管理プログラム「AIP」

機械や設備に組み込まれるベアリングの最適化を提案。

ベアリングの磨耗を最小限にしてその能力を最大活用することで、工場の生産性を向上し、運営・メンテナンスコストの削減を実現します。

出展概要

展示会名 第50回紙パルプ技術国際会議「ABTCP 2017」
テーマ Industry of the future: New Paths, New Process & Technological Innovations
主催 ブラジル紙パルプ技術協会(ABTCP)
開催期間 2017年10月23日(月)~25日(水)
会場 Unique Hotel(ブラジル、サンパウロ市)
公式サイト http://www.abtcp2017.org.br/en/en/ New Window

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。