統合報告書「NSKレポート 2017」発行

NSKレポート2017
NSKレポート2017

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長・CEO 内山 俊弘、以下NSK)は、統合報告書「NSKレポート 2017」を発行しました。

NSKでは、昨年よりアニュアルレポートに代わり、NSKのビジネスの全体像、企業価値創造プロセス、企業価値を支える力などを統合的に報告する統合報告書を発行しています。統合報告書は、中・長期的に企業価値を創造していく道筋を、財務と非財務の両面から体系的に示し、ステークホルダーの皆様にNSKへの理解を深めていただくことを主眼として制作したレポートです。昨年は、価値創造プロセスのわかりやすい説明などが評価され、第4 回「WICIジャパン統合報告表彰」において統合報告優秀企業賞を受賞しました。

今年度版では、「NSKの100年を貫く精神」をご紹介するとともに、さらに分かりやすいレポートを目指して、価値創造プロセスでは具体例を示し、研究開発ではNSKが取り組む様々な製品を紹介しています。また、多様なステークホルダーとNSKの創出価値との関わりを示すことをより意識して、CSR/ESG経営の記載を見直しています。

NSKは、本レポートをステークホルダーの皆様とのコミュニケーションツールの一つとして活用し、皆様のご意見を参考にしながら、今後も改善を図っていきます。

 

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。