NSKリニアガイド™「NHシリーズ」「NSシリーズ」が「2016年“超”モノづくり部品大賞」の「機械部品賞」を受賞

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 内山 俊弘、以下NSK)は、「2016年“超"モノづくり部品大賞」において「機械部品賞」を受賞しました。

「2016年超モノづくり部品大賞」ロゴ

今回、受賞した「NHシリーズ」「NSシリーズ」は、新しいボール溝の適用によって、従来比2倍以上の長寿命を実現しています。本商品は、装置の一層の長寿命化や、サイズダウンに貢献できる技術として審査員に高く評価されました。

「2016年超モノづくり部品大賞」の「機械部品賞」を受賞

特長

1. 世界最高レベルの定格荷重、従来比2倍以上の長寿命を実現
従来品(LHシリーズ、LSシリーズ)に対して、寿命2倍以上、動定格荷重* 1.3倍を実現しました。装置の長寿命化に役立ちます。また、小型でも寿命が長いので、装置のサイズダウンが可能です。
2. 従来品との互換性
従来品(LHシリーズ、LSシリーズ)と、取付まわりの寸法が同一です。装置の設計を変更することなく、NHシリーズ、NSシリーズをそのままご使用になれます。
また、レールとベアリングを自由に組み合わせられるランダムマッチング品や、長期メンテナンスフリーを実現する潤滑ユニット「NSK K1™」など、従来ご好評をいただいている各種オプションを引き続きお使いいただけます。

*:動定格荷重とは、リニアガイドの耐荷重性能を示す指標値で、大きいほど寿命が長くなります。

用途

各種生産設備
液晶・半導体製造装置、自動車製造設備、搬送用ロボット、工作機械 など
各種装置
電車ホーム用ドア、CTスキャナー など

受賞概要

受賞内容
2016年 “超”モノづくり部品大賞 機械部品賞
受賞対象
NSKリニアガイド「NHシリーズ」「NSシリーズ」

“超”モノづくり部品大賞

主催
モノづくり日本会議・日刊工業新聞社 主催
後援
経済産業省、日本商工会議所

日本のモノづくりの強さを再認識し、わが国の産業・社会の発展に貢献することを目的として「縁の下の力持ち」的存在である部品・部材(「機械」「自動車」「電気・電子機器」「環境関連」「健康・医療機器」「生活関連」の6分野)に焦点を当て、日本のモノづくりに寄与する部品、部材を表彰する賞として2004年に創設されました。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。