メキシコにおける新工場設立について

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 内山 俊弘、以下NSK)の持分法適用会社であるNSKワーナー株式会社(本社:静岡県袋井市、代表者:代表取締役社長 桑城 栄、以下NWC)は、メキシコでの工場新設を決定しましたので、下記の通りお知らせします。

新工場完成予定図とクラッチアッセンブリー

設立の目的

NWCは、日本、中国、インドネシアの3箇所に生産工場、及び米国に販売子会社を展開し、自動車用自動変速機の滑らかで高効率な変速を支える製品をグローバルに供給しています。

北米で自動車市場が拡大するなか、自動車用自動変速機の需要も高まっています。さらには、自動車の低燃費化のため、自動変速機の技術が進化しており、自動変速機の効率向上に貢献するNWCの製品の需要が増加しています。

今後のさらなる需要拡大への対応、現地生産化によるコスト競争力の追求と納期短縮のため、メキシコでの工場新設を決定しました。NSKグループは、今回の新工場設立によって、グローバルにさらなる自動車事業の拡大を図っていきます。

概要

工場名 NSK-Warner Mexico S.A. de C.V.
NSKワーナー・メキシコ社
所在地 メキシコ合衆国グアナファト州シラオ市
生産品目 自動車用自動変速機向け製品(クラッチアッセンブリー)
工場規模 敷地面積 約5万㎡、建築面積 約1万㎡
従業員数 2019年に約120名を計画(*:操業開始時は約30名)
操業開始 2017年7月(予定)
投資額 約20億円

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。