「アクティブオンセンタリング*制御を搭載した電動パワーステアリング」を開発

~ドライバーの負担を低減、快適なドライビングに貢献~

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 内山俊弘、以下NSK)は、「電動パワーステアリング(以下EPS)用 アクティブオンセンタリング(ハンドル戻し)制御」を開発しました。今回開発した制御システムは、ドライバーの運転時のストレスを軽減し、

快適性を向上させます。NSKは、本製品をグローバルに拡販していきます。

運転時、ドライバーが切ったハンドルを直進状態へ戻す際、操作方向と車の向きが異なるため、自らの狙った車の動き/軌跡とずれるケースがあります。特に、大きくハンドルを操作する交差点を走行するときや直進走行での微細な方向修正が必要なときにハンドルが滑らかに直進状態へ戻らないと、ドライバーは大きな修正操作や頻繁に修正操作を繰り返すことになります。結果として快適な操舵性を得ることができません。

NSKは、この課題を解決するため、理想のハンドル戻りに調整してアシスト力を変化させる制御構成に改良しました。これにより、機構部摩擦やタイヤ反力の大小による戻り軌跡の悪化(直進状態に戻らない、速度のムラ)を防ぎ、スムーズにハンドルを直進状態に戻すことが可能になりました。

また、車両に合ったハンドルの動きを可能とすることで、ドライバーの負担が軽減。ストレスを感じない快適で安定したドライビングに大きく貢献します。

NSKは、最先端の技術を実用化することで、自動車の安全性・環境性・快適性の向上に貢献していきます。ステアリング事業において、製品の改良や現地調達・現地生産の推進により、グローバルに収益を伴う成長を目指していきます。

*アクティブオンセンタリング: ドライバーがハンドルを直進状態に戻す際に、操作が容易になるようにアシスト力を付与する機能です。また、ドライバーが直進状態(オンセンタ)を感知し易くなるため、左右に操作した際に車両の動きを把握し易くなります。
市場ニーズ
滑らかに直進状態にもどるために
開発品の効果

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。