「JIMTOF2016 第28回日本国際工作機械見本市」に出展

“Your Real Partner.™”
「NSKにしか、できないモノを。NSKとしか、できないコトを。100年ずっと、これからもっと。」

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 内山 俊弘、以下NSK)は、2016年11月17日(木)~11月22日(火)に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「JIMTOF2016 第28回日本国際工作機械見本市」に出展します。

NSKは、工作機械のコア部品である軸受、ボールねじ、直動案内、そしてスピンドルの4つの要素部品を製造・開発している唯一のメーカーとして培った総合技術力をベースにきめ細かい販売・技術サービスで、お客様の期待にお応えします。

今回の出展では、高性能化や信頼性向上を実現した高機能製品の展示に加えて、次世代の工作機械に向けた「CMS(コンディション・モニタリング・システム)」や新技術を提案します。

ブースイメージ

出展コンセプトについて

コンセプトポスター

『Your Real Partner. ~NSKにしか、できないモノを。NSKとしか、できないコトを。100年ずっと、これからもっと。~』

NSKは、お陰様で今年創立100周年を迎えました。私達の究極の目標としている基本コンセプト「Your Real Partner.」に近づくための行動指針として「NSKにしか、できないモノを。NSKとしか、できないコトを。100年ずっと、これからもっと。」をサブテーマに掲げました。100年間培った技術で、私達ならではの“今"と“これから"をご紹介します。

(1) 高精度、加工面品位向上
新開発保持器SURSAVE™(サーセイブ™)採用工作機械主軸用アンギュラ玉軸受
従来比で50%低減した回転非同期振れ(NRRO)、さらに低発熱、高速性を実現し、高精度な加工に貢献します。
高機能精密ボールねじ
ボールねじのトルクのばらつきを最大30%低減し、ナットの位置によらないトルクの安定化を達成しました。運動制御性の向上による加工面品位の向上に貢献します。
(2) 生産効率向上
超高速グリーススピンドル
研削加工用として、クリーンなグリース封入潤滑で超高速を実現しました。
NSKリニアガイド NH/NSシリーズ
世界最高レベルの定格荷重により、従来比2倍以上の長寿命を実現しました。長寿命化によりメンテナンス期間の延長や装置のサイズダウンに貢献します。
CFRP軸搭載30kmin-1直結スピンドル
主軸の軽量化に伴い、加減速時間を短縮し、非切削時間を削減します。
(3) 静音、低振動、クリーンで人に優しい生産現場の実現
高速静音ボールねじ

技術象徴展示

Ball Screw PLAYER
Ball Screw PLAYER
ボールねじの異なる回転数を組み合わせて音階を作り、さらにNSKならではの微細加工をボールねじの表面に施すことで、自由自在にメロディを奏でます。

出展概要

展示会名 JIMTOF2016 第28日本国際工作機械見本市
統一テーマ ここから未来が動き出す。
主催 一般社団法人 日本工作機械工業会 / 株式会社 東京ビッグサイト
会場 東京ビッグサイト(東京国際展示場、東京都江東区有明)
開催期間 2016年11月17日(木)~11月22日(火) 9:00~17:00
NSKブースNo. 西2ホール No.W2020
公式サイト http://www.jimtof.org/jp/   New Window

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。