改良したマニピュレーションシステムを分析展・科学機器展2016に初出展

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 内山 俊弘、以下NSK)は、2016年9月7日(水)~9日(金)に幕張メッセ国際展示場(千葉県千葉市)にて開催される分析展・科学機器展(JASIS2016)に出展します。
NSKは微小な対象物を操作するためのマニピュレーションシステムの操作性を改良した製品をJASIS2016に展示します。本開発品には、NSKが軸受など機械要素製品やメカトロ製品の開発を通じて培った精密位置決め駆動技術に、画像処理などの技術を組み合わせた統合的なメカトロ技術が用いられています。

NSKブース

展示内容

NSKブース
マニピュレーションシステム

応答性の良い精密な電動マニピュレーションシステムにより微小な対象物の操作を実現します。実験動物の卵細胞への顕微授精など、微細な作業をジョイスティック操作で可能にします。2014年、(公財)実験動物中央研究所との共同研究により、実用化いたしました。
今回、ロータリー式ポンプインターフェースを追加し、操作性を改良しました。ロータリーノブの回転操作量に比例したマイクロポンプの動作により、直感的かつ繊細な極微量インジェクションを実現します。
さらに、神奈川県産業技術センターの支援を得て操作部のデザインを改良しました。バイオなど非機械系の研究者に親しみ易い外観とするとともに、ジョイスティック操作を安定させ使い易さを向上しました。
今回の改良により、細胞・微小物のピックアップ、微量液塗布など、分析の前処理、後処理用途へ適用の幅が広がりました。

展示会概要

展示会名 JASIS2016(分析展2016/科学機器展2016)
展示会場 幕張メッセ国際展示場
開催期間 2016年9月7日(水)~9月9日(金) 10時~17時
NSKブースNo. ホール5 ブース5B-703
公式サイト http://www.jasis.jp/ 外部ページ
開発品の構成
開発背景:ロータリー式ポンプインターフェース
ロータリー式ポンプインターフェイスの特徴

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。