アフリカの展示会に初出展、「TICAD VI ジャパンフェア」に出展

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長:内山 俊弘、以下NSK)は、2016年8月27日(土)~28日(日)にケニアのナイロビ市で開催された「第6回アフリカ開発会議(TICAD VI) ジャパンフェア」(主催:日本貿易振興機構(JETRO))に出展しました。NSKがアフリカで開催される展示会に出展するのは今回が初めてです。

NSKブース
NSKブース

ジャパンフェアは、TICADⅥのサイドイベントとして、日本の技術や製品をアフリカ各国に紹介することを目的に開催される展示会で、日本の企業、行政、大学等から約100の企業・機関が参加しました。 会場はインフラ整備、気候変動対策、保健衛生の改善など、アフリカでの日本の貢献が期待されている分野ごとに展示ゾーンが設けられており、NSKは、「アフリカで活躍する日本企業」として、自動車の車軸を支えるハブユニット軸受や鉱山機械などに使われる産業機械向け高機能標準軸受NSKHPS™シリーズを紹介しました。
* TICAD…Tokyo International Conference on African Development(アフリカ開発会議)の略で、アフリカの開発支援を目的とする国際会議。1993 年以降、日本政府が主導し、国連、国連開発計画(UNDP)、アフリカ連合委員会(AUC)及び世界銀行と共同で開催。