NSKワーナー(株)が「緑化優良工場 経済産業大臣賞」を受賞

NSKワーナー株式会社(本社:静岡県袋井市、代表者:代表取締役社長 桑城 栄、以下NWC) は、一般財団法人日本緑化センターが主催する「第34回工場緑化推進全国大会」において、「緑化優良工場 経済産業大臣賞」を受賞しました。
NWCは、米国のボーグワーナー社と日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 内山 俊弘、以下NSK)の合弁会社であり、自動車用オートマチックトランスミッション(AT)向け部品の専門メーカーとして、研究・開発から生産まで一貫体制を構築し、ワンウェイクラッチや摩擦材関連製品において高いシェアを誇っています。自動車の効率を向上する高品質なモノづくりを通じて、社会貢献に積極的に取り組んでいます。
今回の受賞は、NWCが、隣接する山林と一体となった自然型樹群・樹林を主とした緑化に取り組んでいること、さらには、工場敷地東側・北側には、ツツジが植えられ、地域住民や近接する運動公園利用者の憩いの場となっていることが評価されました。 このほか、従業員による工場周辺道路の植栽、地元行事へのボランティア参加、清掃活動や”No Carデー“の取り組みなど、環境保全活動を通じて従業員への教育を熱心に実施していることも考慮されました。また、NWCは、工場の納涼祭に地域住民を招待しており、地域の夏の風物詩になっているなど、積極的な地域貢献活動を実施しています。

NWCの本社
NWCの本社
NSKワーナー(株) 代表取締役社長 桑城 栄、経営企画本部 経営管理部 総務人事グループ マネジャー 夏目 幸彦
(写真左から)NSKワーナー(株) 代表取締役社長 桑城 栄、経営企画本部 経営管理部 総務人事グループ マネジャー 夏目 幸彦

工場緑化推進全国大会は、工場の緑化を積極的に推進することにより、環境保全への取り組みを促進することを目的とする表彰制度で、今年で34回目となります。今回、NWCが受賞した「緑化優良工場 経済産業大臣賞」は、工場内外の環境整備に顕著な功績のあった工場等を表彰するものです。

受賞概要

受賞内容 「緑化優良工場 経済産業大臣賞」
主催 一般財団法人日本緑化センター ( http://www.jpgreen.or.jp/ 外部ページ)
表彰式 2015年11月2日(月)東京都港区内にて
経済産業省報道発表 http://www.meti.go.jp/press/2015/10/20151030001/20151030001.html外部ページ
NWC ウェブサイト http://www.nsk-warner.com/外部ページ

 

NSKの地球環境保全への取り組み

軸受(ベアリング)をはじめとするNSKグループの製品は、自動車をはじめとして、家電製品、新幹線などの鉄道車両、鉄鋼設備、風力発電機、エレベータ、飛行機、人工衛星まで、幅広い機械の滑らかな作動を可能にし、組み込まれる機械の信頼性や安全性、省エネルギーを支えています。
NSKグループは、企業理念に定める「地球環境の保全」の実現をめざし、「環境貢献型製品の創出」「地球温暖化対策」「省資源・リサイクル対策」「環境負荷物質対策」「生物多様性保全」などの活動を進めています。

CSRレポート2015および補足情報 http://www.nsk.com/jp/csr/csrReport/index.html
NSKのCSR http://www.nsk.com/jp/csr/

NSKグループについて

NSKグループは、国内初の軸受メーカーとして100年近くの歴史を持ち、また世界有数の軸受メーカーとして、世界中のお客様の多様なニーズに迅速かつ的確に応え、グローバルに産業の発展に貢献しています。Motion & Controlを事業基盤とし、軸受のほか、ステアリングなどの自動車部品や精機製品なども開発・提供しています。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。