「高機能精密ボールねじ」を商品化

採用部位と製品の特長

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 内山 俊弘、以下 NSK)は、昨年10月にボールねじの運動制御性を大幅に向上させた「工作機械用高機能ボールねじの新技術」を発表しました。このたび、この新技術を応用した「高機能精密ボールねじ」を商品化しました。NSKは2015年10月より本製品の販売を開始し、2018年に20億円の売上を目指します。

NSKは本製品を2015年10月21日~24日に名古屋市国際展示場で開催される「メカトロテックジャパン2015」に出展します。

開発の背景

近年、5軸加工機等に代表される工作機械の高精度化、金型加工面の高品位化に伴い、ボールねじの運動誤差を小さくして、加工物の面品位を向上したいという要望が増えてきました。

半導体製造装置では、スマートフォン用途に代表される電子部品の小型化にともなって単位時間当たりの加工能力を上げてプリント基板の生産性を向上したいという要望が増えています。

このたび、生産設備の高度化によって「高機能精密ボールねじ」を商品化します。

製品の特長

ボールねじのトルクのバラツキを30%低減
NSK独自開発のボールねじ軸のねじ溝加工技術により、ボールねじナットの位置の違いによるトルクの安定化を達成しました。

顧客製品の価値向上に貢献

1. 工作機械の運動制御性を大幅に向上
ボールねじナットの位置の違いによる運動誤差が低減し、工作機械の加工面品位が向上します。
2. 位置決め整定時間のバラツキ低減
ボールねじのトルクの安定化により、位置決め整定時間を短縮し、半導体製造装置などの生産性向上が可能です。

用途

工作機械、半導体製造装置、医療機器、測定機器 など

工作機械と半導体製造装置の動向
開発のコンセプト
コンセプトの実現手段
まとめ

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。