「DIN規格準拠 標準在庫ボールねじ」を発売

DIN規格準拠 標準在庫ボールねじ

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 内山 俊弘、以下NSK)は、「DIN規格準拠 標準在庫ボールねじ」を商品化し、2016年2月から販売を開始します。NSKは本製品の売り上げとして2018年に2億円を目指します。
本製品を2015年10月5日(月)~10月10日(土)にイタリアのミラノで開催される「EMO MILANO 2015欧州国際工作機械見本市」に出展します。
現在、ボールねじは、工作機械、自動車製造設備や半導体製造装置などの産業機械に必要不可欠な機械要素部品となっております。NSKは様々なご要望にお応えする受注生産品とあわせて、ボールねじの標準化・短納期化のためにいち早く標準在庫品をシリーズ化し、市場に提供してきました。
この度、欧州を中心に広く採用されているDIN規格*に準拠したボールねじを新たに標準在庫品のラインナップに加え、販売を開始します。

*DINとは、ドイツ規格協会が制定するドイツ工業規格(Deutsche Industrie Normen)の略称です。

製品の特長

  1. DIN規格に準拠したナット寸法
    ナット寸法は、コンパクト性と寸法互換性を重視したDIN規格(DIN69051-5)に準拠。従来の標準在庫ボールねじと併せて、お客様の目的に応じて、標準在庫ボールねじの選択枝を広げます。
  2. 短納期
    本ボールねじは、軸端未加工品を欧州で在庫し、お客様のご要望に応じて軸端加工して供給致します。標準在庫済のボールねじサポート用軸受やNSKリニアガイド™ と併せて短納期対応が可能になります。
  3. 機能別のオプション部品を用意
    市場でご好評いただいている高防塵X1シールと潤滑ユニットNSK K1™をオプション部品として用意しました。これにより、お客様の使用用途に合わせて更なる機能をボールねじに付与できます。
    • 工作機械向けX1シール : 高防塵とグリース密封を兼ね備えたシール
    • 潤滑ユニットNSK K1™ : 自己潤滑作用による長期メンテナンスフリー
  4. 豊富なバリエーション
    ボールねじの仕様(軸径Ø20~50mm、リード5~20mm、全長700~3400mm)で11型番・36種類を用意しました。
製品の特長
製品の特長
製品の特長

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。