名古屋の「メカトロテックジャパン2015(MECT2015)」に出展

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 内山 俊弘、以下NSK)は、2015年10月21日(水)から24日(土)にポートメッセなごや(愛知県名古屋市)で開催される「メカトロ テックジャパン2015(MECT2015)」にNSKマイクロプレシジョン株式会社(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長 石井 俊和、以下ISC)と共同出展します。
「Your Real Partner.™」をテーマに、中部地区初出展となる高機能や高精度な製品、更に高機能で入手性が良い標準在庫製品など、幅広い製品をご紹介致します。また、ISCは、さまざまな機器の小型化・薄型化・低騒音化に貢献するミニチュア・ボールベアリングや直動製品を展示します。

ブースイメージ
ブースイメージ

主な出展物

e-motion modules(イーモーションモジュール)

(1) 高機能精密ボールねじ
  • 工作機械の運動制御性を大幅に向上。
  • ボールねじナットの位置の違いによる運動誤差が低減し、工作機械の加工面品位が向上。
  • 位置決め整定時間のバラツキ低減 。
  • ボールねじのトルクの安定化により、位置決め整定時間を短縮し、半導体製造装置などの生産性向上が可能。
アドバンスド アシスト ステアリング 2

(2) 高精度・高機能円筒ころ軸受 APTSURF™(アプトサーフ™)

軸受を構成する各部品の高精度化により、主軸回転時の振動を大幅に低減。内部仕様の最適設計と加工技術の向上により長寿命化を実現。更なる加工品質の改善や、長期にわたる信頼性確保のご要望に対応。

アドバンスド アシスト ステアリング 2

(3) ミニチュアスラストアンギュラ軸受 クロクシー 外部ページ

業界初、JIS規格の69シリーズをアンギュラ化。高性能グリスを封入し、両シールドタイプ採用でメン テナンスフリー化を実現。高アキシアル負荷が作用する用途に適したミニチュアサイズのスラストアンギュラ軸受。

この他、小型・軽量化、電動化対応、低摩擦損失などで自動車の燃費向上に貢献する製品や安全性に貢献する電動パワーステアリングなど、幅広い製品を展示します。
さらには、2016年に創立100周年を迎える、NSKの歴史をパネルで展示します。また、2011年に実施して好評いただきました【軸受組立体験コーナー】も実施します。

展示会概要

展示会名 メカトロテックジャパン2015(MECT2015)
会場 ポートメッセなごや
開催期間
2015年10月21日(水)~10月24日(土)
出展ブース 1号館ブース No 1B15
公式ウェブサイト http://mect-japan.com/2015/  
ブース紹介動画(YouTube) https://youtu.be/08Ur0fTILvc  

NSKについて

100年近くにわたる軸受の製造・開発を通じて培った、摩擦制御技術(トライボロジー)、材料技術、解析技術、メカトロ技術の4つのコアテクノロジーを活用して、自動車向けに軸受、ステアリング製品、自動変速機用部品など、様々な高品質な製品の開発を進めてきました。今後も環境対応と安全性向上への貢献によって、自動車の将来技術を支えてまいります。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。