子ども向け夏の科学イベントに「マニピュレーションシステム」を展示

~子ども達に最先端の技術を紹介~

マニピュレーションシステムを操作する様子

日本精工株式会社(本社:東京品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 内山俊弘、以下NSK)は、ライフサイエンスなどの世界最高水準の研究開発機関が立地している、「キングスカイフロント」(神奈川県川崎市)において開催された子ども向け科学イベントに医療・バイオ業界の細胞操作や半導体、電子業界の微小部品の組み立てなどの用途向けに開発した「マニピュレーションシステム」を展示しました。
本イベントでは、公益財団法人実験動物中央研究所(神奈川県川崎市、以下実中研)は、「実験動物ってなんで必要なの?」をテーマに実験動物の種類、ヒトの病気のモデルや薬ができるまでの役割、実験動物の作り方」などを紹介しました。この展示の一環として、NSKは、実中研と共同開発した顕微鏡を見ながら微細な操作を可能とするツール、「マニピュレーションシステム」を展示し、卵子に受精させる最新のテクノロジーのロボット操作を子供達に模擬体験してもらいました。
医療・バイオ、半導体、電子業界などでは、マイクロメートル*レベルの微細な作業を行うためのマニピュレーションシステム(操作機器)が幅広く使用されています。NSKでは、軸受などの機械要素製品やメカトロ製品での開発経験に精密位置決め駆動技術、画像処理技術などを組み合わせて「マニピュレーションシステム」を開発し、作業の効率化、高精度化を実現しています。従来、細胞などを扱う微細な操作は、熟練者の技術に大きく依存していましたが、NSKが開発した「マニピュレーションシステム」は、誰でも容易に作業を行うことを可能にしました。
参加した子ども達からは、「研究者になったようで楽しかった」など、多くの驚きと感動の感想が寄せられました。また、保護者の方からは、「技術の進歩に驚いた。このシステムが今後のバイオ技術に貢献していくのが楽しみだ」などのご意見をいただきました。
この他、NSKグループでは、子供達が「科学」に興味を持つきっかけとなるような体験型プログラムとして「子ども科学教室」なども開催しています。今後もこのような活動を通じて、次代を担う子ども達に様々な教育・経験の機会を提供していきたいと考えています。

*マイクロメートル(μm):1メートルの100万分の1の長さ

展示会概要

名称 夏の科学イベント
主催 夏の科学イベント実行委員会
日時 2015年8月4日(火) 13:00~16:00
場所 川崎生命科学・環境研究センター(LiSE) (神奈川県 川崎市川崎区)及び公益財団法人実験動物中央研究所 (神奈川県 川崎市川崎区)

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。