カナダの国際エネルギー展に出展

~石油・ガス産業向けに先進技術を幅広く紹介~

ポンプ&コンプレッサ用の高機能標準軸受NSKHPS(TM)
ポンプ&コンプレッサ用の 高機能標準軸受NSKHPS™

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長:大塚紀男、以下NSK)は、2015年6月9日(火)~11日(木)にカナダ西部のアルバータ州カルガリー市で開催される“Global Petroleum Show(GPS)”に出展します。
石油やシェールガスの開発が盛んなカルガリーで開催される本展示会には、世界各地から数多くのエネルギー産業関係者が来場する世界最大級のエネルギー関連展示会の一つです。
NSKは、「革新、性能、信頼」をテーマに、石油やガス産業の過酷な環境で使用される、ポンプ、コンプレッサ向けに信頼性が高い製品を紹介します。高品質、省エネルギーとメンテナンスコスト低減に貢献する、高機能標準軸受NSKHPSやNSKリニアガイド™やボールねじなど、エネルギー産業のお役にたつ幅広い製品・技術を出展します。
NSKは、「革新、性能、信頼」をテーマに、石油やガス産業の過酷な環境で使用される、ポンプ、コンプレッサ向けに信頼性が高い製品を紹介します。高品質、省エネルギーとメンテナンスコスト低減に貢献する、高機能標準軸受NSKHPSやNSKリニアガイド™やボールねじなど、エネルギー産業のお役にたつ幅広い製品・技術を出展します。

NSKブースイメージ
NSKブースイメージ

主な出展製品

ポンプ&コンプレッサ用の高機能標準軸受NSKHPS™

展示会概要

展示会名 Global Petroleum Show (GPS) 2015
開催場所 カナダ カルガリー市
開催期間 2015年6月9日(火)~11日(木)
出展ブース No. No. 2211
公式ウェブサイト http://www.globalpetroleumshow.com/  外部ページ
参考 NSKのポンプ&コンプレッサ

NSKのカナダ事業について

NSKは1916年に日本初の軸受メーカーとして設立され、2016年には創立100周年を迎えます。NSKは早い時期から事業のグローバル化を展開し、1962年の米国への進出を皮切りに1960年代にはドイツ、1970年代にはブラジル及びイギリスに製造及び販売拠点を設立しております。
現在では、グローバルに65工場を展開し、この内2/3の43工場が海外工場であり、2014年度の海外売上比率は66%に達しております。
NSKは、1977年にカナダのトロント市に販売会社を設立して以来、信頼の実績と技術開発力を活かして、幅広い産業における設備の信頼性と生産性の向上、環境への配慮や省エネルギー、メンテナンス負荷低減で、お客様に貢献してまいりました。
今後も軸受のパイオニアとして、100年近くにわたって培った技術や専門性を活かして、エネルギー関連産業のお客様のパートナーを目指し、課題解決に役立つ幅広いソリューションをご提案していきます。

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。