「メガトルクモータ™ PBシリーズ」を拡充

~高出力な機種を追加ラインアップ~

メガトルクモータ PBシリーズ

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下 NSK)は、ダイレクトドライブモータ「メガトルクモータ」のラインアップを拡充します。本年5月に販売開始した「PBシリーズ」に、高出力な2機種を追加します。これにより、電子部品をはじめとする小型から中型までの部品の搬送・検査装置や組み立て装置への対応が可能となり、スループット*の向上に貢献します。
NSKは2014年12月から本製品を販売開始し、「PBシリーズ」全体の売上として2015年に9億円を目指します。
*生産性:単位時間当たりの処理量

開発の背景

スマートフォンやタブレット端末の需要拡大に牽引された日本及び中国、台湾、韓国など東アジアにおける電子部品の急速な生産拡大に対応するため、設備増強や生産性向上および省スペース化が進められています。新興国では従業員が設備の操作に慣れていないケースも多いため、使い易さ・メンテナンスの手間削減が求められています。
こうした新たな市場ニーズにお応えするため、NSKは小型部品の搬送用としてメガトルクモータ に「PBシリーズ」を本年5月にラインアップし、使い易さとコンパクトさなどでご好評を頂いております。今回、「メガトルクモータ PBシリーズ」に高出力機種を追加ラインアップすることで、中型部品の搬送や搬送用回転テーブルの大型化が可能となり、新たにレーザーマーキング装置や太陽電池組立て装置などの省力機械、FA装置のニーズに対応します。
NSKは、2014年12月3日(水)~5日(金)まで、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「セミコンジャパン2014」に本シリーズ製品を初出展し、更なるニーズを開拓します。

製品の特長

1. 高出力(高トルク)
最大トルクを4倍までアップすることにより、大きな部品の搬送が可能になります。さらに業界最高レベルの高速回転性能を備え、スループットの向上を実現できます。
2. コンパクト
外径サイズを既存のPBシリーズと同等とすることで、コンパクト性を維持しました。
3. 使い易さ
高機能オートチューニングの採用で初期設定が簡便となり、装置の早期立ち上げが可能となります。また、専用セットアップソフトウェアが充実しています。(PBシリーズ共通)

主な用途例と効果

主な用途例と効果

NSKは、メガトルクモータを世界初のダイレクトドライブモータとして1985年から量産を開始し、欧米・日本での高精度な半導体・液晶製造装置などの技術革新と共に進化を続けてきました。近年、LEDなど電子部品の製造が中国、台湾、韓国にて盛んになっており、多数のメガトルクモータをご採用頂いております。
NSKは、これら電子部品製造の一大集積地となりつつある東アジア地域および日本におけるマーケティング活動を強化し、お客様の声を商品企画にフィードバックさせてきました。これからも、市場ニーズへの対応をグローバルに進めてまいります。

PBシリーズ製品一覧

項目 2014年5月販売開始 2014年12月販売開始
PB1006 PB3015 PB3030 PB3060
最大トルク 6N・m 15N・m 30N・m 60N・m
最高回転数   10s-1   8s-1
モータ外径 φ102mm   φ152mm  
モータ中空径 φ35mm   φ56mm  
モータ高さ 75mm 92mm 126mm
モータ質量 2.6kg 5.8kg 7.2kg 10.2kg
適用ドライバ   15Aタイプ   30Aタイプ
メガトルクモータ ラインナップ
適用事例

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。