世界最高速の「NSK高負荷駆動用ボールねじ」を開発

~射出成形機駆動軸のさらなる高加速・高速送りに貢献~

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚 紀男、以下 NSK)は、電動射出成形機などに使用される「NSK高負荷駆動用ボールねじ」のシリーズを拡充しました。NSKは2015年1月より本製品の受注を開始し、2016年に10億円の売上を目指します。
NSKは本製品を2014年10月28日(火)~11月1日(土)に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「IPF Japan 2014(国際プラスチックフェア)」に出展致します。

NSK高負荷駆動用ボールねじ

開発の背景

NSK高負荷駆動用ボールねじは、電動射出成形機の射出および型締駆動軸を主な用途として、1996年より販売を開始致しました。以来、高速化、環境対応・大型化など、その時代のニーズに合わせてシリーズの開発と拡充を行い、その性能と品質を高く評価いただいております。
近年、スマートフォンやタブレット端末などの大型・軽量化にともない、そのディスプレイに使用される大型導光板の薄肉化の要求が高まってきました。このため、導光板の高速射出成形が必要となり、射出成形機の駆動ボールねじにもさらなる高加速・高速送りが要求されております。
NSKはこれらの要求に対応するため、ボールねじ設計の高度化と生産技術開発を行い、今回、世界最高速となる高負荷駆動用ボールねじをシリーズに追加・拡充しました。これにより、射出成形機駆動軸のさらなる高加速と高速送りに貢献します。

拡充製品の特長

射出軸向けHTF-SREシリーズ拡充
1. 幅広いリード選択が可能
大型射出軸用として軸径φ140~200mmに展開していた「HTF-SRE」シリーズを、中・小型用の軸径φ50~120㎜へ拡張展開するとともに、対応リード範囲を拡大しました。これにより、射出成形機の仕様に応じて、高加速化に適した幅広いリード選択が可能になります。
2. コンパクトなナット外径
射出軸向けとして広く採用いただいておりますHTF-SRCシリーズと同等のコンパクトなナット外径寸法です。そのため、従来同等の取付け寸法にて対応可能です。
型締軸向けHTF-SRDシリーズ拡充
1. 最高送り速度2~3m/sを実現
高負荷駆動用として大リード仕様を追加し、従来の送り速度の約2倍となる最高送り速度2~3m/sを実現しました。型締軸の送り速度向上によるサイクルタイム短縮で生産性の向上に貢献します。
2. 低騒音
なめらかなボール循環により、騒音レベルは従来チューブ式の1/2に低減されています。これにより機械の低騒音化に貢献します。
超高速送りのためにボールねじへ求められる要求
シリーズ拡充後の構成
HTF-SREシリーズ拡充範囲

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。